アンナチュラル 中堂の恋人・こうじやゆきこを殺した犯人は誰!?

石原さとみ出演ドラマ

「アンナチュラル」もとうとう残すところあと3話となってしまいました。1話完結の事件と同時進行で少しずつ進展している、8年前の中堂の恋人が殺された事件の真相も非常に気になるところ。

そこで中堂が追っている、8年前の事件の連続殺人犯を独断と偏見で大胆予想していきたいと思います。

神倉所長(松重豊)

いい人キャラの神倉所長。もしこの方が連続殺人犯であったら、かなりの後味の悪いエンドになりそうです。

ただ意外性は抜群。所長が犯人、ということであればそれはきっと、中堂やミコトたちに早く真相に辿り着き、自分の犯行を止めて欲しい、という心境のもと犯行を繰り返してきた、なんて背景がありそうな気がします。

烏田検事(吹越満)

烏田は中堂に「このまま逃げ切れると思うなよ」という言葉を残しており、中堂が犯人と断定している様子。

そのことから、自分の犯行を隠すために、罪をいけ好かない中堂になすりつけたい、という思惑があるのかも、という疑惑が浮上してきます。

もし彼が犯人であれば意外性はゼロ。視聴者もスッキリのエンドになるでしょう。

坂本誠(飯尾和樹)

彼に限ってそんなことはないように見えるのですが、臨床検査技師ですので、専門知識があり、素人では考えつかない足のつかない殺し方を習得することは可能です。

もし彼が犯人であれば、サイコパス系、というかおそらく実験的な殺人を繰り返している、という感じなのではないかと想像します。坂本が犯人であればやはりバッドエンドで後味の悪い結末になりそうです。

宍戸理一(北村有起哉)

キャラがとにかく悪役キャラですので、宍戸が犯人、となると烏田と同じく意外性はないものの、視聴者はスッキリする展開になりそうです。

自分が犯人であることを隠すためにミスリードな記事を書き続けてきた…というのはやや無理があるでしょうか。彼の「事実を知りたい」という言葉が真実かどうか、その点が大きなカギとなってきそうです。

犯人不在の新種のウイルス

若い女性のみが狙われて殺された、のではなく若い女性にしか感染しない、新種のウイルスによる”殺人“という可能性もゼロではないような気がします。

初回に”名前のない毒“という副題がつけられていたように、犯人はいなかった、というオチもあるかもしれません。

ただこれだとドラマ性はなく、肩透かし、というか中堂の今までの苦しみはなんだったんだ!?というエンドになってしまいそうではありますが…。

まだ未登場の別の人物

この場合だともう予測は不可能ですが、まだ未登場の別の犯人が用意されている可能性もなきにしもあらず。

 

以上、8年前の事件の犯人について予想をしてきましたが、正直まだ情報がなさすぎて全く予想がつかない、というのが本音です。

次回あたりからラストに向けての布石が打たれてくると思われますが、果たして黒幕は誰なのでしょうか!?

こちらの記事も読まれています♪

関連記事