アンナチュラル こうじやゆき役は橋本真実!役どころは?

石原さとみ出演ドラマ

石原さとみさん主演の1話完結の法医学ミステリードラマ「アンナチュラル」ですが、ドラマの内容はもちろんのこと石原さとみさんのファッションや豪華キャストなど様々なことが話題のドラマです!

ドラマに出てくる、今後のキーパーソンとなるであろう絵本作家の「こうじやゆき」についてまとめました!

アンナチュラル登場人物「こうじやゆき」

こうじやゆきとは

UDIラボに勤める主人公のミコト(石原さとみさん)と同じくUDIラボの法医学医の中堂(井浦新さん)はかつて恋人であった女性が何者かに殺され自ら彼女を解剖しました。

その女性こそが絵本作家の「こうじやゆき」で本当の名前は「糀谷有希子」と言います。トラブルの多い中堂ですが、絶対にUDIラボを辞めない理由は有希子を殺した犯人の情報を集めるためでした。

中堂の自宅は生活感が全くなく、とても殺風景ですがそんな中でミコトが見付けたものが有希子が描いた絵本でした。

有希子の遺体には、口の中に赤い金魚のような小さな印が残されており、中堂はその赤い金魚を手掛かりとしてずっと事件の犯人を追っているようです!

何かと中堂と一緒にいることの多い葬儀屋の木林(竜星涼さん)は赤い金魚を探す中堂に情報を流したりしているのですが、木林も有希子と何か関わりがあるのでしょうか?今後の展開が気になります!

有希子を演じる橋本真実さんとは

橋本真実さんは、東京都出身で1984年1月30日生まれの34歳のタレント、女優さんです。元々はアイドルグループMISSIONのメンバーでしたがMISSIONが解散する直前に脱退しました。

現在は女優として活躍されている橋本さんですがデビュー当時から変わらぬ美貌で出演されたドラマ、舞台、映画は多数です!

有希子の今後の出演は…?

第6話までは遺体となって発見されたシーンと中堂とのやり取りのシーンが少しある程度でした。

しかしミコトが有希子のことを聞かせてと中堂に詰め寄ったためミコトも加わり事件の真相を調べることになりそうなので有希子は回想シーンでまだまだ登場しそうです!

遺体役でも美しさが滲み出ている有希子ですので生前の美貌も気になるところです!

 

ドラマ「アンナチュラル」第7話ではミコトと殺人犯が対決することに…?中堂や有希子の過去、久部(窪田正孝さん)の葛藤など、見どころ満載です!

ドラマ「アンナチュラル」は毎週金曜夜10時放送です!どうぞ最後までお見逃しなく!(引用:https://www.tbs.co.jp)(引用:https://ja.m.wikipedia.org)

こちらの記事も読まれています♪

関連記事