石原さとみ ドラマ おすすめ過去出演作品はコレ!

石原さとみ出演ドラマ

来年1月期TBS系ドラマ「アンナチュラル」の主演・石原さとみさん。近年ますますその美しさに磨きがかかっているように見えます。

その石原さとみさんの今までの出演ドラマでおすすめの過去作品をいくつか紹介したいと思います。

石原さとみ出演ドラマ おすすめ過去作品

朝ドラ「てるてる家族」

石原さとみさんを初めて見たのは、この「てるてる家族」の四女・冬子役です。このころは正直まだあどけなさや野暮ったさみたいなものが色濃く残っており、そこが“冬ちゃん”の魅力にもなっていたように思います。

今となってはすでにこの作品で“国民的妹キャラ”を確立していたのかもしれません。

月9「リッチマン、プアウーマン」

「てるてる家族」以降、ドラマ、映画、舞台などに大活躍されていましたが、これといって印象に残る作品も正直あまりありませんでした。そんななか、この月9で久しぶりに石原さとみさんを見たときに、あまりにも垢ぬけて美しくなっていることに驚きました。

もう”冬ちゃん“はどこにもいません。まさにコスメリーダー、ファッションリーダーとして世の女性のあこがれの的と成長していました。

主演の小栗旬さんとのコンビも息がぴったり合っていました。

月9「失恋ショコラティエ」

そして、再び月9の「失恋ショコラティエ」。この作品は漫画のファンでもあったので、とても楽しみにしていました。そして、石原さとみさんのサエコ役は本当に漫画のままでした。

そしてこのドラマが石原さとみさんのベストアクトだと個人的には思っています。小悪魔全開で、それでいて端々に計算高さや賢さも垣間見せる、サエコさんを見事に演じていました。

男性を惑わす色っぽい感じも女性に嫌われそうなぶりっこな感じも、そして最終的には皆を味方につけてしまうような不思議なサエコさんは、石原さとみさん以外では体現できなかったと思われます。

頭の隅の方では“あの冬ちゃんが…”という一抹の寂しさもありましたが、石原さとみさんの魅力がいかんなく発揮された、彼女なしでは成立しなかったドラマだと思います。

月9「5→9~私に恋したお坊さん~」

このドラマでは英語教室の先生の役だったのですが、ここで石原さとみさんの英語力の高さに驚きました。あれだけの英語を流ちょうに芝居をしながら話せるというのは、本当にすごいことだと思います。

忙しい合間を縫って英語を勉強されたのかもしれません。このドラマでは正直演技よりも英語のセリフに注目してしまいました。ちなみに共演していた山下智久さんの英語力も目を見張るものがありました。

まとめ

その後もドラマ、映画にと大活躍の石原さとみさんですが、そろそろ美しさでも英語力でもない、新しい一面をまた見せてほしいと思います。

「アンナチュラル」のプロデューサーさん曰く“石原さんの新たな魅力をお見せできる”というコメントもありますので、この「アンナチュラル」でまたさらなる新境地を開いてくださることを、期待したいと思います。

関連記事