アンナチュラル 6話 神倉所長の高速セリフが東海林を救うww

アンナチュラル

「アンナチュラル」6話“友達じゃない”。今回も非常に面白かったです。犯人を含む4人の強姦仲間・詐欺仲間、とミコトと東海林。二組の“友達じゃない”けれど真逆の関係性が見事に対比されていましたね。

そして“友達じゃない”UDIラボのメンバーが見事なチームワークで東海林の無実を証明すべく奔走。その中でも神倉所長の警察への対応は見事でした。

あのフォローがあってこそ、東海林は任意同行を免れ無実を証明できたのです。もしあの時警察のルートに乗ってしまっていれば、中堂の言う通り、犯人に仕立てあげられていたかもしれません。

では、その神倉所長の素晴らしい高速セリフを再度、見ていきたいと思います。

警視庁から東海林を守った神倉所長の高速セリフの内容

捜査二課の小早川さんをまいた神倉所長の高速セリフを書き起こしてみました。

小早川:東海林夕子さんは?

神倉:それがですね、東海林は昨日の事件で大変大きなショックを受けておりまして、とても仕事ができそうにない、今日は休みなさい、と私の判断で先に帰らせました。

小早川:では、自宅に?

神倉:それがですね、昨日の事件で大変大きなショックを受けておりまして、とてもとてもひとりでいられそうもないということで、ボーイフレンドの家に行きました。

小早川:その人の名前と住所は?

神倉:そんな部下のプライベート、上司の私が知るわけないでしょう。セクハラで訴えられてしまいますよ。私は厚労省の…

↓↓動画でどうぞ↓↓

神倉所長の今後

神倉所長は気さくな理想の上司、といった感じですが、中堂の件に関しては何か他の秘密も知っているのかもしれません。

ミコトの行動に対し、「いいお目付け役ができた」と話しているため、おそらくミコト同様、中堂の犯人への報復を阻止したい、と思っているのかもしれませんね。

とにかくUDIの存続はひとえにこの所長にかかっているといっても過言ではないので、これからも影の功労者として頑張ってほしいものです。

個人的には「孤独のグルメ」のまったりした松重豊さんが好きでしたが、この饒舌な所長役も、だんだんとかわいらしく思うようになってきました。

静と動、どちらも素敵な松重さんのいぶし銀の演技が、今後も炸裂することは間違いなさそうです。

 

以上「アンナチュラル」の神倉所長についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。神倉所長あってのUDIラボ。今後の活躍にも期待大です。

こちらの記事も読まれています♪

関連記事