アンナチュラル 5話ネタバレ ミコトと中堂・死因解明後の悲惨な結末

石原さとみ出演ドラマ

前回、ミコト(石原さとみ)は、中堂(井浦新)が遺体を恋人と言わずに解剖した事で証拠隠滅の疑いをかけられてしまい誤認逮捕されていた事を知ります。

2月9日の第5話は、かなり衝撃なラストになっています。

坂本(飯尾和樹)がやめた事で、久部(窪田正孝)は、中堂とミコトの2人を担当していて悲鳴をあげました。中堂が三澄班に入ってミコトのサポートをする事になりました。

盗まれた遺体

今回の依頼は、鈴木巧(泉澤祐希)という男性で、釣り人が海に飛びこんだ所を目撃していたので、警察は自殺と判断していましたが、妻がそんな事をするはずがないと解剖して真実を見つけて欲しいと頼みに来たのでした。

UDIで解剖していると、その遺体は、葬儀場から盗まれたもので、しかも夫婦ではなく同じ苗字の同棲中の恋人でした。

ミコトは、罪に問われると心配しましたが、遺体損壊罪に問われる事はなく鈴木が拘置所に入れられました。

鈴木は本当のことを知りたいとミコトに頼み込みます。警察に再解剖を依頼しますが両親が鈴木の為に自殺したと思い込んでいる為に反対しています。

自殺ではない真犯人がいた

ミコトは、死体発見時にとったCTがある事を知りすぐに取り寄せます。肺のCTに不可解な点が見つけました。

調べるうちに、彼女は顔から海に落ちた事が判明しますが、目撃者は女性が足から海に飛び降りたと言っています。

目撃された女性は彼女ではなく、自殺に見せかけるために犯人が自ら海に飛び込んで偽装しているのではないかと思われました。

中堂は、目撃者に直接会て話をした時に、目撃者が嘘を言っているとは思えませんでした。

悲惨なラスト

その推理を中堂はミコトたちに内緒でこっそり鈴木に教えます。鈴木は、犯人の女性を予測して、その女性が葬儀場にいる事を突き止めました。

中堂は、鈴木が犯人に復讐しに会いに行くとわかっていながら、鈴木に真実を話して鈴木を止めようとしませんでした。

ミコトたちも葬儀場に急いで向かいます。そして、女性を襲おうとしている鈴木を必死に止めますが、ナイフを高く振りかざして、刺してしまいました。

犯人は鈴木と同じ職場で働く女性で、鈴木の彼女から、ネックレスを借りてすぐに返してとしつこく言ってきた為に、揉みあいになり、海に突き落としたと言います。

そして、自分より幸せなんて許せなかったと言います。完全に女の嫉妬が原因でした。

普通は、復讐する前に、思いとどませる事に成功しますが、刺しちゃったのはかなり衝撃的なシーンでした。なんか救いようのないラストに感じました。

そして、ミコトから、犯人が一命を取り留めたことを聞いた中堂が、素人だから急所を外したと死ななくて残念という感じでした。

近くで、止める事ができたのに、それを見ていた中堂は、それが彼の本望だと言ったシーンがありましたが、中堂の闇は、想像以上に深いような感じを受けました。

 

いかかでしたか。後味がなとも言えません。今後、中堂の元恋人の命を奪った犯人を見つける事は今後できるのでしょうか。

関連記事