アンナチュラル 5話感想 中堂とミコトが協力!衝撃の展開

石原さとみ出演ドラマ

石原さとみさん主演の法医学ミステリードラマ「アンナチュラル」ですが、毎回のゲストやストーリーの面白さの他にも、石原さとみさんの素敵な衣装なども毎回話題となるドラマです。

今回第5話ではミコト(石原さとみさん)が大罪を犯してしまう…?そして衝撃のラストでした。人気ドラマ「アンナチュラル」第5話の感想をまとめました!

アンナチュラル第5話感想

中堂という男は…!

これまでただの無愛想な嫌な男というイメージしかなかった中堂(井浦新さん)ですが、今回はとても人間的な一面を見ることができました。

依頼者の鈴木巧(泉澤祐希さん)は恋人が亡くなり死因が自殺だと断定されたことに納得がいかずご遺体を盗みだし勝手にUDIラボに遺体を持ち込み解剖を依頼しました。

解剖中に盗まれたご遺体だということが分かり、ミコトは神倉(松重豊さん)と警察へいき事情を説明し、中堂がご遺体を処理したのですが肺をご遺体に戻しておらずそのまま中堂はミコトと独自に死因を調べていきます。

中堂は鈴木と自分を重ね、なんとか死因を教えてあげたいと思ったようで珍しく人間味のある中堂の顔が見られました。

しかし!中堂は解剖して分かった事実を鈴木に伝えると鈴木は恋人を殺した犯人が分かったようで、鈴木は犯人を刺してしまいます!中堂は鈴木が何をするのか分かっていて何も言いませんでした…。

ミコトと久部(窪田正孝さん)は目の前で鈴木が犯人を刺すところを見てしまいます。ミコトは中堂のことを見直しかけていましたが、一気に突き落とされました!

途中までは中堂のにこやかな表情を見ることができたり、珍しく熱くなっている中堂を見て見直していたのに最後の最後にやっぱり中堂は中堂なんだな…と思い知らされました!

中堂は鈴木と自分を重ね、やりたいようにやらせてあげたのだと思いますが鈴木の人生は台無しです。

中堂は自分の恋人を殺した犯人を殺してやりたいと思っているのだろうなと思うと悲しい気持ちや可哀想だなと思う気持ちでいっぱいになりました。

久部頑張れ!

ミコトを好きになっている久部なので、ミコトが中堂としょっちゅう一緒にいることに嫉妬していました。

隠れて事件のことを調べていたからだと分かると安心していましたが、周りにも気付かれるほどの久部の嫉妬ぶりが可愛かったです。

UDIラボのバイトと週刊誌のバイトを掛け持ちしてる久部ですが週刊誌のバイトではミコトを貶めるような記事を書けと言われたりと何かとストレスが多そうです!

ミコトへの恋心、将来への不安など悩むことが多い久部ですが最後に久部がどんな目標を持つのかが気になります!

異性間交流会…!

いつもながら東海林(市川実日子さん)は異性間交流会という名の合コンに励んでいますがなかなか身を結びません!

久部と仲良く飲んでる姿を見ていると東海林と久部がくっついたらお似合いなのにと思ってしまいますがその可能性はとてつもなく低いでしょう。

中堂はさておき、ミコト、東海林、久部には仕事でも恋愛でもうまくいってほしいです!

 

次回第6話では中堂の恋人のことがもっと明らかになる…?今後の展開が気になるドラマ「アンナチュラル」は毎週金曜夜10時放送です。どうぞお見逃しなく! (引用:https://www.tbs.co.jp )

関連記事