アンナチュラル 5話あらすじ 復讐劇!恋人の死因の真相は?

石原さとみ出演ドラマ

中堂の過去が少し明るみになり、心中穏やかではないミコト。今回は恋人の自殺という死因に納得のいかなかった青年の事件とのこと。

一体どのような事件でどのような結末を迎えたのでしょうか。以下待望の第5話のあらすじです。

恋人の本当の死因が知りたい青年が登場

坂本がいなくなったため、解剖室はてんやわんや。あまりの忙しさに記録係の六郎は悲鳴をあげています。

ミコトは所長に聞いた中堂のUDIラボにいる理由、中堂は恋人の解剖をしたことで証拠隠滅の疑惑をかけられ、その後恋人の遺体と同じ特徴(口の中に“赤い金魚”のような模様が出る)の遺体を探し、恋人を殺害した真犯人を探している、について回想。

そんななか青森から搬入された遺体を解剖中、木林から「そのご遺体は盗まれたものです!」との慌てた声が。どうやら恋人の自殺を疑った鈴木が遺体を強奪し、勝手にUDIラボに持ってきた遺体だったようです。

しかし恋人が原因不明で亡くなり真相を知りたいという鈴木に同情した中堂は、独自に遺体を調査。それに気づいたミコトは倫理と感情のはざまで苦悩します。

また解剖費用を鈴木に返しにいったミコトは、鈴木に費用は返さなくていいから、死因究明をしてもらえないか、と懇願されてしまいます。

ミコトと中堂が協力して死因究明することに

六郎はマスコミの力で、鈴木の恋人の事件について真相解明できないか、と週刊ジャーナルに持ち掛けますが、末次は「そんなことより女法医学者のネタを持ってこい」と一喝。真剣に取り合おうとはしません。

その頃ミコトと中堂は鈴木の熱意に負け、今後の鈴木の人生のために協力して鈴木の恋人の死因究明をすることに。しかしUDIラボが使用できず、中堂のマンションでの検査なため、いろいろと不便で難航します。

しかし後日青森の病院に死後のCT画像があるとのことで、事態は一変。CT画像から特定される死因と目撃証言に食い違いが現れ、中堂はひとりで青森に行き調査をし、恋人の鈴木にその結果を報告します。

鈴木が犯人に復讐

中堂の推理により、鈴木は犯人が誰かを確信。恋人の葬儀に乗り込み、恋人の友人(犯人)を刺して仇を撃ちます。そして鈴木は現行犯逮捕。その現場に居合わせた中堂、ミコト、六郎は事情聴取を受けます。

六郎は鈴木の逮捕現場を写真に撮り、週刊ジャーナルにネタとして渡すも、複雑な心境に。

その後ミコトは鈴木の犯行を止めなかった中堂を責め、UDIラボを辞めるか、恋人の事件の真相を話すかをして欲しいと詰め寄ります。

 

以上が「アンナチュラル」5話のあらすじでした。恋人が自殺ではないと分かった時、まさか報復行為に及ぶとは思わず、予想外の展開にミコト同様言葉を失いました。

復讐したい気持ちは十分理解できますが、一時の感情に流されてしまうと人生を失いかねません。なんとも胸の痛む回でした。

次回はなんと東海林が殺人犯に疑われる?ようで、非常に気になります。

関連記事