アンナチュラル 4話 中堂の衝撃の過去!殺人容疑で逮捕?

石原さとみ出演ドラマ

UDIラボのメンバーがバーベキューを楽しむなか、再び葬儀社の木林と何やら怪しいやりとりをしていた中堂。その中堂の過去の秘密が今回明るみになるとのこと。

中堂はどんな過去を背負っていて、何の極秘調査をしているのでしょうか。待望の第4話のあらすじです。

夏代がUDIラボに解剖を依頼

UDIラボでは見学説明会が開催されています。そこへミコトの母・夏代が来訪し、死因のはっきりしない佐野の解剖を依頼したいとのこと。

ミコトは夏代から過労か事故死か病死か、死因によって責任の所在が変わるので解剖は責任重大だとプレッシャーをかけられます。

そして解剖中に解剖室に“おまえのしたことは消えない 裁きを受けろ”との脅迫文を発見。

月140時間の残業があったことすら認めない工場をはじめ、責任のなすり合いをする病院、バイクの修理先に、佐野の残された家族たちは訴えを取り下げると言い始めてしまいます。

中堂に殺人容疑をかけられた過去が

ある日ミコトは同業の友人たちと会食。そこで中堂が過去に勤めていた大学で犯人容疑で逮捕されていたものの、証拠不十分で釈放をされていたことを知り驚きます。

その頃UDIラボでは脅迫状に心当たりがあるとそれぞれが告白。ミコトは自分が週刊ジャーナルに載ったせいだ、と断言します。

しかしその晩中堂は脅迫状は自分宛てだ、とミコトに告げ、その根拠に他の脅迫状を提示。ミコトはどんな罪を犯したんですか、とさらに尋ねますが、中堂ははぐらかします。

佐野の死因が判明

佐野の解剖結果が出て、病死ではないことが判明したものの、その結果に違和感を持つ東海林。

ミコトがその結果を夏代に伝えようとした頃、偶然佐野の息子・タスクが父が亡くなったことへの怒りから、工場のガラスを破壊するのを目撃してしまいます。

また30日以内に起きた椎骨動脈の破損がくも膜下出血の原因、という解剖結果を受けた夏代は過労による交通事故死として賠償金請求をしようと考えます。

佐野の妻からお祭りの日に怪我をして帰ってきた、との情報を得たミコトは、社長の指示でバイクに乗り、交通事故を起こしたことを証明するために奮闘。工場長にも真実の証言を要求します。

中堂に恋人の他殺死体を解剖した過去

佐野の死因となった交通事故の真相を証明するため、ミコトの弟・秋彦、タスク、工場長、工場の工員が一丸となってその証拠を捜索。そして見事ミコトの弟・秋彦がその証拠を発見します。

その頃中堂は葬儀社の木林から「出た」との連絡を受け、極秘で遺体をチェックしに葬儀場へ。そしてミコトは中堂の怪しい行動を探った結果を踏まえ、中堂の過去について神倉に直球の質問をぶつけます。

神倉は詳しいことは知らない、としつつも、以前中堂は恋人の他殺死体を解剖した過去がある、との衝撃の事実を告げます。

 

佐野の過労死の証明とともに、中堂の壮絶な過去も浮き彫りになってきた第4話。次回はミコトまでが遺体損害罪の罪に問われるかも?という大ピンチに陥ってしまうとのこと。

中堂の過去の事件の真相同様、今後もますます目が離せません。

関連記事