アンナチュラル 3話 勝率0.01%に挑む!法廷バトルの結末は

石原さとみ出演ドラマ

今回の事件は“主婦ブロガー殺人事件”。ミコトは代理証人として出廷し、被告の無罪を主張するとのこと。一体どのような法廷バトルが繰り広げられていくのでしょうか。

ミコトが法医学を武器に有罪率99.9%をひっくり返すことができるのか、第3話あらすじです。

ミコト、検事側の代理証人に

スマホを購入しはしゃぐミコトに、所長から「このご遺体のことですが…」と質問が入ります。そして主婦ブロガー殺人事件の法廷に代理証人として出廷して欲しいとのこと。

中堂は同じチームの坂本にパワハラで訴えられており、出廷することができず、ミコトにその役割が回ってきたようです。

そして事前に聞かれたことだけに答えるよう検事・烏田に釘を刺されますが、裁判での映像から途中で傷と凶器が矛盾していると証言。急遽、休廷になってしまいます。

ミコト、一転して弁護側の証人に

その後被告の要一がミコトに会いたいと面会を要求。「自分は殺していない」と無罪を主張します。

法廷では烏田がミコトが解剖実績の件数も少なく、女性で若い法医学者だから未熟、という点で攻め、ミコトはつい感情的になってしまいます。

そして週刊誌記者には“ヒステリー女法医学者”と事実無根の記事まで書かれる始末。六郎は末次に記事の内容について異議を唱えますが、相手にされません。

その上裁判で勝つ見込みがない、と判断した気の弱い被告の要一は再び罪を認めると言い出します。

今度は中堂がミコトの代理証人に

ミコトは東海林の協力を得て、凶器がセラミックの包丁ではないことを証明しようと奮闘しますが、難航。一方六郎は坂本と遭遇。坂本の訴訟の狙いはお金であることを聞いてしまいます。

そして坂本と中堂の訴訟の行方も平行線。そこでミコトはお互いに窮地にあるのだから協力し合おうと提案し、ミコトの代理証人として中堂が出廷することになります。そして代わりにミコトが坂本と交渉することに。

裁判では凶器はセラミックの包丁ではなく、アワセドで研がれたステンレスの包丁であることを証明、中堂は証言台で見事に検事を論破します。

そして事件の真犯人は殺された主婦ブロガーの弟であることが判明し、要一は冤罪を免れることに。

中堂と検事・烏田は顔見知り

その後、検事・烏田は中堂に「まさか法廷で会うとは…このまま逃げられると思うなよ」と意味深な言葉を残して去っていきます。どうやらふたりは顔見知りのようです。

そして中堂はまた何やら葬儀社の木林と密談。その様子をミコトは見つめています。

 

以上が「アンナチュラル」3話のあらすじでした。2話ほどのダイナミックさはありませんでしたが、今回は中堂が過去に何らかの事件に関与していることが裁判を通して示唆されました。

検事・烏田とも顔見知りのようです。中堂の抱えている問題もこれから少しずつ明るみになっていきそうですね。

関連記事