アンナチュラル 1話感想 予想外の展開!不自然死の真相は?

石原さとみ出演ドラマ

石原さとみさん主演の法医学ミステリードラマ「アンナチュラル」がついに放送開始しました!1話完結のストーリーなのでとても見易く、医療ドラマ、ミステリードラマ好きにはたまらないドラマです!

二転三転する展開や予想を裏切る事態に目が離せませんでした!アンナチュラル第1話の感想をまとめました!

アンナチュラル1話感想

法医学の重要性

不自然死究明研究所、通称UDIラボに勤める三澄ミコト(石原さとみさん)は三澄班のトップとして臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子さん)、記録員の久部六郎(窪田正孝さん)と日々遺体を解剖し不自然死(アンナチュラル・デス)の究明にあたっています。

六郎は医大生でUDIラボでアルバイトを始めたばかりです。六郎はミコトが好みのようですがミコトや夕子の仕事ぶりに少し嫌悪感を感じていました。

遺体を解剖しながらも笑ったり冗談を言える二人に違和感を感じたこと、生きるための医療を学びたいと思っていた六郎にとって法医学は死んだ人間のための医療だと感じたのです。

ミコトやUDIラボ所長の神倉保夫(松重豊さん)は法医学は「未来のための」だと言いますが、当初六郎にはそれが理解できませんでした。

しかし、UDIラボの活躍によって日本で初めてMERSに感染した日本人を発見することができたこと、それは海外から持ち込まれたのではなくある病院から発生したことを突き止めることができました。

このことがきっかけで六郎は法医学の重要性を理解することができました。

一般的に知られていない法医学ですので、アンナチュラルを通して法医学とはどんなものでどう必要なのかということを学ぶことができます。

また、死因がきちんと分からなくても解剖しない人の方が多いという事実に驚きました。アンナチュラルを通して、きちんとした知識を身に付けることが大切にだと感じました!

ミコトが可愛すぎる!

夕子とミコトが仲の良い様子、中堂系(井浦新さん)と対立しながらもなんとか協力しようとする姿、仕事に一生懸命で走り回る姿、仕事を頑張りすぎて恋人との結婚がなくなりそうな姿、頑張っているミコトの姿を応援したくなります!

ミコトの私服も可愛いですし、髪を切った石原さとみさんが女性の注目を集めます!仕事を頑張っている女性や石原さとみさんが好きな人にはたまらないドラマです!

コメディ?シリアス?

夕子が合コンのことを異性間交遊と言ったり、ミコトと夕子がキス20回は多い、キス好きな男いるよねーと言ったりと要所要所で笑えるところもあるので、重めの内容ですが気分が重たくなりすぎず見ることができました。

ミコトの生い立ちにも何かありそうなのですが、今後もシリアスな内容を笑い混じりに見ることができそうです!

豪華キャスト、イケメン揃い!

窪田正孝さん、井浦新さんの他にも、葬儀屋役で竜星涼さん、ミコトの弟役で超特急の小笠原海さんなど今人気のイケメン達が勢揃いしています!

また、お笑いコンビずんの飯尾和樹さん、薬師丸ひろ子さんら話題となるキャストも出演されています!第1話のゲストは実力派女優の山口紗弥加さんでした。

第2話のゲストは人気アイドルグループ乃木坂46の松村沙友里さんに決定しています。

 

早くも第2話が気になるドラマ「アンナチュラル」は金曜夜10時放送です!どうぞお見逃しなく!(引用:https://www.tbs.co.jp)

関連記事