隣の家族は青く見える 5話感想 同性愛カップルの三角関係!?

感想

人工授精の不妊治療が始まり、仕事との両立に大忙しな五十嵐夫妻。本当にもっと社会全体で育児同様、不妊治療もサポートしてくれるといいのですが。

そしてリセットしたタイミングで琴音の緊急出産に立ち会った奈々。奈々のメンタルがかなり心配になります。以下注目の第5話の感想です。

リア充代行サービス、1回3万2千円!!

深雪が依頼したリア充代行サービスの1回の値段が、なんと3万2千円!!という高額だったことにかなり驚きました。夫が無職ということは無収入なはずなのに、経済的にも大丈夫なのでしょうか。

世間に対する見栄のために大切なお金を使うとは…。まったくもって理解できません。人の価値観はそれぞれですが、見栄や世間体のためにお金を使うことほど不毛なことはないような気がします。

精子の運搬も大変な作業

精子を運ぶのにも、採取して1時間以内で温度管理も必要、とか本当に大変です。しかもうっかり落としたり、どこかに忘れたりしてはいけませんし、こぼしたら使えなくなってしまいます。

なんだか見ているだけでも神経がすり減りそうです。精子を運ぶだけでも大変な作業なうえに、その後治療も控えているなんて…。この不妊治療の過酷さや大変さがドラマを通じて多くの方に伝わることを切に願います。

人工授精直後に子守り…

緊急事態だったとはいえ、奈々は人が良すぎます。人工授精の直後に子守り、そして夕食まで提供するとは。人のお子さんを預かるのは本当に大変なことなので、治療の後の子守りはかなりキツかったと想像します。

大器が早く帰ってきてくれて本当に良かった!こうした奈々の善行の数々がいつか奈々にすべて返ってきてくれるといいのですが。

長谷部VS朔

やはりあの渉に対する中傷ビラは長谷部によるものでした。彼女が愛憎のもつれからああした行動をとったのは、渉に対する怒りの感情からなのかと思いましたが、そうではなく朔に対する怒りの感情だったのは意外でした。

冷静に考えれば、二人を別れさせたからといって、長谷部と渉が結ばれることはありません。それをわかっていても相手が朔なのがなぜそんなに許せないのでしょうか。

朔の過去によほど問題があったのか、朔は実は渉を利用?している?のか。朔に関する謎が一気に高まってきました。

 

次回の第6話では渉の母親も登場し、渉&朔カップルにも大きな試練が待ち受けていそうですし、ちひろと亮司のカップルの今後も非常に気になりますし、コーポラティブハウスは大波乱の予感。

なんとかそれぞれの家庭がそれぞれの危機を乗り越えていけるといいのですが…。

関連記事