隣の家族は青く見える 4話 感想 夫婦の絆!人工授精は?

感想

とうとう人工授精にステップアップするよう勧められてしまった奈々。しかも家族は人工授精に抵抗がある様子。

そして孫に期待を膨らませる悪意のない義家族のプレッシャー。前途多難な不妊治療の道のりに胸が痛くなります…。以下、注目の4話の感想です。

渉への中傷ビラは誰の仕業?

今になっても、まだあんな中傷のビラを貼ってくるような感覚の人間がいるのか、と思うと心底絶望的な気分になってしまいましたが、これ、冷静に考えるとおそらく差別主義者の仕業ではないような気がします。

ズバリ渉の同僚の長谷部の仕業なのではないでしょうか。

愛憎、といいますし、なにかのきっかけで渉のセクシャリティを知った長谷部が、朔の言うように“渉がゲイであることをカモフラージュするために、自分の恋愛感情を利用した”と感じ、怒りのあまり中傷ビラを撒いた。

そう考えるとしっくりきます。しかしなぜ渉のセクシャリティが急にバレてしまったのでしょうか。この件の真相はのちにまた詳しく描かれるのでしょうか。

自然神話に取りつかれている人たち

大器の妹の琴音の夫が、自然分娩ではないとダメだと言っている、というエピソードにドン引きしました。

出産経験のある女性が言うのならまだしも(それでも、全く共感できませんが)自分が産まない側の人間でありながら、無痛分娩を許してあげない、なんて、あんまりです。

まさか男性でそんなことをいう人がいるとは驚きです。しかし女性の間ではときどき話の流れから、“出産武勇伝”のお披露目会的なことになることがあります。正直聞いていてウンザリ…。

どんな産み方でも母子ともに健康なら良し!ではだめなのでしょうか。こうした出産マウンティングみたいな、くだらない比較も世の中から早くなくなるといいのですが…。

そろそろコーポラティブハウスのメリット面が見たい

あとは、このドラマが今の流れだと、コーポラティブハウスのネガティブキャンペーンになってはいないか、と見ていてひやひやしてしまいます。

こんなにトラブル続きでは、ドラマの影響で売り上げが減少、なんてことにはならないでしょうか。テレビ局に苦情が来ないことを祈ります…。

まあ、小宮山家以外の家族間では特にトラブルは発生しておらず、特に奈々ちゃん&朔ちゃんコンビは見ていて微笑ましい仲の良さなので、これからぜひコーポラティブハウスを実際に企画し、販売している建築会社さんたちのためにも、住民間での素敵な交流が描かれていくといいな、と心から思います。

 

以上が「隣の家族は青く見える」4話の感想でした。次回はとうとう琴音の出産です。

未だに不妊治療のことを隠している奈々にとっては、ちょっとした試練になると思われ、本当に不妊治療の過酷さを痛感させられます。

奈々はいい人なだけに、辛い思いをこれ以上して欲しくないですね…。次回もかなり心配です。

関連記事