隣の家族は青く見える 4話 あらすじ 人工授精で母親と激突!

隣の家族は青く見える

不妊治療に悩む奈々の姿に多くの女性の共感が集まっているドラマ「隣の家族は青く見える」。

今回は義母や実母も介入し、何やらちょっとした騒ぎになりそうです。また渉と朔の副音声もあるとのこと。以下注目の4話のあらすじです。

義母に子宝グッズを貰い困惑する奈々

奈々は産婦人科に通院し、人工授精へのステップアップを勧められます。

そしてその帰りに義母・聡子に会い、家に招きいれた奈々は聡子にザクロジュース、さるぼぼ、コウノトリキティ、など次々と子宝グッズを押し付けられ困惑。

一方朔と渉はカミングアウトについてお互いの意見をぶつけ合い、両親が頭の固い教師の渉はクローズドしておくことがせめてもの親孝行、との意見を示します。

ちひろは早速引っ越しの準備を始め、勉強机とベッドくらいは用意しておいたら、と亮司にアドバイス。そして奈々は大器に人工授精について相談するも、結論が出ず、当分不妊治療をお休みすることに。

夜には小宮山家から娘・もかの誕生日パーティを共有スペースでするので、皆を誘ってほしいとお願いされます。

奈々の母が人工授精に猛反対

奈々は上京してきた実母に不妊治療していることを告白。しかし人工授精に拒否反応を示し、自然妊娠が一番、という母と奈々で意見が対立します。

一方同僚の長谷部と夕食を共にした渉は、誰とも結婚する気がない、とやんわり交際を拒絶。彼女もそれに応じます。

奈々は母が帰った晩、「大ちゃんにもお母さんにも反対されたから諦めるしかないか」と大器に告げます。翌日大器は琴音に呼び出され、自然分娩ではないとだめだという夫を説得して欲しいと頼まれ困惑。

奈々は買い物帰りに、玄関に渉が同性愛者であるという中傷の張り紙を見つけ、必死ではがしますが、その様子をみた深雪に「あなた知ってたの?信じられない」と怒って立ち去ってしまいます。

渉が同性愛者ということが周囲にバレる

その晩奈々と大器は張り紙を持参して渉の元へ。受け入れてくれなくていいからそっとしておいてほしい、という渉の言葉に二人は何も言えません。

しかし翌日職場にまで中傷ビラを撒かれた渉は朔と再び衝突。出会わなかったら良かったね、という朔に思わず背後から抱きしめる渉。そして深雪はもかの誕生日パーティーを反故にして、緊急会議を始めます。

渉が同性愛者であることが子どもの教育上よくない、と主張する深雪に、反論する住民たち。しかし、ひとり渉だけ深雪の意見を受け入れます。

大器と奈々が人工授精を決意

奈々は母に「お母さんみたいなお母さんになるのが夢だった」と言い、母は「奈々みたいに仕事を持ちたかった」と言い、お互いに心情を吐露するふたり。

「妊娠できる体に産んであげられなくてごめん」と謝る母に奈々は涙を流します。翌朝大器は奈々の母に人工授精について調べたレジュメを渡し、読んでみて欲しいと懇願。奈々の母は大器の熱意を受け入れます。

そして奈々と大器は婦人科を受診し、人工授精することを決意します。

 

以上が「隣の家族は青く見える」4話のあらすじでした。人間は“自然なもの”にこだわる、という根拠のない自然信仰について、同性愛者や人工授精を絡めてうまく話を作っていたと思います。

次回は琴音の出産があるようなので、なんだか奈々のメンタルが心配です…。

関連記事