トドメの接吻 6話あらすじ 長谷部の死!エイトが真相に迫る!

トドメの接吻

欲しいものを手に入れるため、キスによるタイムリープで現実を変えようと奮闘する主人公の姿を描く「トドメの接吻」の第6話が放送されました。

第6話はどのような内容だったのでしょうか?あらすじを紹介していきます!

父を追って向かった先で知った真実

美尊と尊氏の婚約披露に乱入し一躍有名になったエイトは周りの目を警戒しながら興信所の根津と会っていました。

父が逮捕されたクルーズ船の事故の真相を突き止めるため、尊氏に燃やされたビデオのコピーのありかを根津に探ってもらっていました。

根津はそんなに気になるなら父の堂島旺に聞けばいいのではといい、探し当てた父の居場所をエイトに伝えます。父が出所後身を潜めていたのは香港でした。

そこに向かったエイト。父との再会は叶わなかったものの、父もまたビデオのコピーを探していたという事実を聞き出すことに成功。

根津が作成した怪しい人物のリストには長谷部の父の名前があり、エイトは長谷部にビデオのコピーを探すよう脅しをかけます。

長谷部の死とタイムリープ

香港から帰国したエイトはすぐさま長谷部に連絡をします。しかし電話に出たのは長谷部ではなく警察。警察から聞いた海岸へ向かうとそこには長谷部の遺体がありました。

長谷部が死の間際に持っていたものの中にビデオテープはなく、自分が脅したことでビデオを見つけられなかった長谷部を追い詰めてしまったのではとエイトは考え、サイコのキスを使ってタイムリープします。

変わらない現実

タイムリープをしたエイトは長谷部が追い込まれないよう細心の注意を払いましたが結局長谷部の死は防げず途方にくれます。

しかし美尊から一週間前に長谷部と会った際、長谷部はビデオを持っていたという情報を聞き、もう一度タイムリープすることに。

次は香港からの帰国日を早め、長谷部からビデオを取り上げようと試みます。しかしそれもまた長谷部の抵抗によって阻まれて、長谷部は結局死んでしまいました。

エイトは長谷部の死の真相は自殺なんかではなく、誰かに口封じされたのではと考えるようになりました。

サイコとエイトを繋ぐもの

サイコは春海からタイムリープによる危険を聞き、これ以上タイムリープするということに胸騒ぎを感じていました。

そこに再びエイトが訪れタイムリープさせてくれと言ってきますが、サイコはこれを拒否。

今でも前より幸せだと言って、祖母が残した遺品から昔の事故で自分を助けてくれた男の子の靴を取り出しました。

その靴を見たエイトはそれが弟の光太のものであるとすぐに気付き、サイコがあの時自分が助けた女の子だということにも気づきました。

サイコを助けたせいで弟は死んだ、自分とサイコが出会ったのは弟がめぐり合わせてくれたからだとサイコに無理矢理キスをしタイムリープをしました。

長谷部の死の真相は

エイトは前回のタイムリープで長谷部の遺体から見つけていた乗馬クラブのものであろう草から、長谷部が死んだのは海ではなく乗馬クラブではないかと考えていました。

向かった乗馬クラブには長谷部と、長谷部を襲おうとしている男の姿が…

その男の殺意は長谷部を助けようとするエイトに向かって…

 

いかがでしたか?ここまでがトドメの接吻の第6話のあらすじになります。襲われそうになっているエイトはどうなってしまうのでしょうか…?

気になる「トドメの接吻」は毎週日曜、22時30分から放送中です!

関連記事