トドメの接吻 2話ネタバレ!エイトの本当の敵正体は!?

トドメの接吻

「ドメキス」と呼ばれ続きが気になると多くのファンが注目した「トドメの接吻」第2話が放送されました。

前回の第1話の最後では男の子にトラックが突っ込む寸前で男の子は何者かに助けられましたが、助けた人物はエイト(山崎賢人)をキスで殺し続けるキス女(門脇麦)でした。

第2話はどのようなお話だったのか、徹底的にネタバレしていきます!

目の前のキス女

男の子が助かった瞬間を見ていたエイトは、助けた人物にお礼の言葉を言う為近づきます。振り向いたのはなんとキス女。

驚くエイトにキス女は「まだ、生きてたんだ」と言い絞り出すように何かを伝えようとします。「あなた、狙われてる、か、か、」

エイトはキス女の話を最後まで聞くことなくキス女につかみかかり首を絞めます。

そして取り押さえられ交番まで連れてこられましたがもちろんのこと警察はエイトの「殺された」という話など信じるはずがありません。

ドラッグを疑われたエイトは交番から逃げ出し走り出しました。その先にいたのはエイトを探していた和馬(志尊淳)。

エイトは自分の話を信じボディガードをしてくれる和馬しかもう頼れないと漏らしました。

ロッカールームで起きた毒物事件

店に美尊(新木優子)がくると知って和馬の制止を聞かず出勤したエイト。

しかし期待とは裏腹に店に訪れたのは美尊の友人だけであり美尊の姿はありませんでした。仕方なしに接客をしていたその時、ロッカールームから叫び声が聞こえます。

駆けつけたエイトの前には一人のホストが倒れており、床にはエイトがいつも飲んでいるドリンクが転がっていました。

そのホストはテーブルに置かれていたエイトのドリンクを飲み倒れたのです。

警察で無実を訴えるエイトですが、ドリンクから検出された毒物がエイトのロッカーから発見され、殺人容疑で捕まってしまいます。

そんなエイトを助けようと和馬が警察署で消化器を使い大暴れしエイトは騒ぎに混ざって逃走しました。

キス女からの連絡

エイトが逃げてきたのは働いていたホストクラブでした。

しかし店はもうこの騒ぎをうけ閉店しており、中には憔悴した様子の店長の姿がありました。そこへかかってきた一本の電話。それはキス女からのものでした。

一人でキスした場所まで来い、全部話すというキス女の言葉に半ばやけくそでその場所へと向かうエイト。その場所についてすぐエイトは何者かに後ろから刺されます。

振り向くとキス女の姿があり、やはり言ってることは以前と同じ「狙われている、か、か、か、」と意味の分からないことを言います。

刺されたことで意識がなくなりそうなエイトにキス女はキスをし、エイトは死亡、7日前へとタイムリープしました。

キス女の正体

タイムリープをしたエイトは毒物事件を未然に防ぎ、美尊に会うため乗馬クラブの集まりに参加します。そこではお嬢様ならではの周りとのズレで悩む美尊の姿がありました。

美尊と話すため訪れた夜の倉庫内でエイトの頭上に鉄筋が降ってくる事故がありエイトは瀕死に。うろたえる美尊ですがそこに現れたのはキス女でした。

どけて!と叫び急いでエイトにキスをするキス女。エイトは死亡しタイムリープするのですが、エイトにはキス女の正体を突き止める記憶を残していたのです。

キス女が着ていた仕事のユニフォーム、それに書かれていたナイトデリバリー会社を訪れキス女の事を聞き出そうとします。

個人情報を守ろうと固く口を閉ざす女をホテルに誘い口説き落とすことに成功、キス女はサトウサイコという人物でした。

謎のストリートミュージシャンの一言

エイトは謎のストリートミュージシャン春海(菅田将暉)と会い、キス女の正体の話をしていました。

タイムリープに関し冗談だとあしらおうとするエイトに春海は、タイムリープの力がキス女にあるとすれば、キス女は殺しに来たというより助けに来ているのではと呟きます。

エイトを狙う真犯人は

何度もタイムリープをしているエイトは友人に隠し水商売をしている美尊の友人真凛(唐田えりか)をも利用し美尊との仲を深めていきます。

そんな時和馬からの連絡で、キス女の同僚から電話がきてキス女の住所がわかったという情報が入りました。急いで向かうエイトは和馬から鍵を受け取りその部屋の中へ。

そこにはおびただしい量のエイトの写真とでかでかと書かれた愛という文字。そこでエイトの電話が鳴り出てみると、相手はキス女の同僚でした。

同僚が和馬には連絡をしていなかったとわかった瞬間、刃物を持った和馬に切り付けられます。

必死で逃げるも逃げ切れず、刺され倒れたエイトの前に現れたのは春海。春海はエイトのそばでひたすら笑っていました。

 

一気に物語が動いた第2話でした!次回からはどのように進んでいくのか楽しみですね!

関連記事