シグナル 坂口健太郎の兄役の印象的なイケメン俳優は誰?

キャスト

韓国の超人気ドラマのリメイクということで注目を集めているドラマ「シグナル」。

バラエティ番組で、メインのキャスト坂口健太郎さんと北村一輝さんが、トランプのババ抜き最弱王のツートップになっていたのを見て、難解な事件が解決される気が全くしないのですが(笑)、

そんななか、少ないシーンながらも際立つ存在感を見せていた俳優さんに、注目が集まっています。

健人の幼少期に警察に連行されていた兄を演じていたのは、一体誰なのでしょうか。

「シグナル」で坂口健太郎の兄役を演じているのは、神尾楓珠

坂口健太郎の兄役を演じているのは、神尾楓珠さん、19歳。名前は“ふうじゅ”と呼ぶそうです。高校時代にサッカーをやっており、趣味はサッカーとカラオケ。

事務所のオーデションに応募して合格し、芸能界入りを果たしたようです。俳優としては、近年ではドラマ「監獄のお姫さま」で小泉今日子の息子役に、

ドラマ「アンナチュラル」では高校でいじめに遭い自殺してしまう横山役で出演していました。

そして今回は坂口健太郎の兄役。あの警察に連行されていくときの、なんともいえない表情の素晴らしいこと。今後の活躍が大いに期待されるところです。

しかし自殺する役が続くのは、彼の持つ独特の雰囲気がそうさせるのでしょうか。なんとなく柳楽優弥さんにも似ていますね。

ドラマ「シグナル」:坂口健太郎の兄役・亮太は冤罪

坂口健太郎演じる健人の兄、亮太は、女子高生集団暴行事件の犯人にされ、それを苦に自殺し、そのことが健人が警察を信じなくなった要因のひとつになった、とされています。

幼少期の綾香ちゃん誘拐殺害事件に加え、今度は肉親を誤認逮捕され、その容疑者にされた兄を失うという壮絶な過去。健人の人生はかなりハードです。前作のドラマ「ファイナルカット」と少し似ていますね。

健人が警察官になったのも、綾香ちゃんの事件に加え、兄の事件の真犯人を突き止めるためでもあるようです。

ドラマ「シグナル」:坂口健太郎の兄役・亮太は自殺じゃない?

そして亮太が犯人に仕立て上げられた、女子高生集団暴行事件の首謀者は権力者の数名の息子だった、というのがオリジナルのストーリーのよう。韓国も日本と変わらないですね。

実際にそういうことがあってもおかしくないほどリアルな真相です。亮太は隠蔽工作に利用されてしまったのです。

しかもさらには、亮太は、出所後真相究明をしようとしており、絶望しているわけではなかったのですが、そこをさらに口封じとして自殺と見せかけて殺された、というのが真相のよう。なんと恐ろしいことでしょうか。

 

ここまで警察が真っ黒だと、なんだか人間不信になってしまいそうですが、権力を持つ人間が狂っていると恐ろしいことになる、というのは現実味があります。

今後の「シグナル」の展開と若手俳優・神尾楓珠さんの活躍が非常に楽しみですね!

関連記事