シグナルに野崎萌香が誘拐された矢部香織役で登場!

ドラマ名別

「シグナル」5話では連続窃盗事件という新たな事件が勃発。そこで過去と現在が交錯したことで誤認逮捕が生まれ、新たな悲劇を生むという大惨事になってしまいました。

そして過去の事件と連動して発生してしまった誘拐事件の被害者・矢部香織役として、野崎萌香さんが出演。

そこでその野崎萌香さんについて詳しくみていきたいと思います。

野崎萌香のプロフィール

野崎萌香さんはファッションモデルと女優をしている、現在28歳。

個人的には野崎さんと言えば「non-no」のモデルさん、というイメージが強いのですが、まだ28歳!とお若いのには少々驚きました。

スカウトがきっかけで芸能界入りし、ファッション誌のモデルのみならず、多くのコマーシャルやミュージックビデオなどにも出演。その活躍の場を広げているようです。

また学生の頃舞台鑑賞が好きだったというのが影響したのか、最近では女優業も活発化。少しずつ女優としてのキャリアも積んでいるところのようです。

2018年野崎萌香「ラブラブエイリアン2」に出演

そして2018年には深夜枠ではありましたが、フジテレビ系のドラマ「ラブラブエイリアン2」にレギュラー出演。

やさぐれて口は悪いものの、スタイリストとしてきっちり働いているバリキャリの松永ミコト役をコミカルに演じていました。

とにかくこの役、恥ずかしい下品なセリフが満載なので、演じていて相当キツかったのではないか、と想像しますが、ヒロイン・新木優子さんがスケジュールの関係からか、ヒロインなのにほとんどドラマ内で不在、という奇妙な現象が起きているのを、この野崎さんの存在でカバーしているような印象を持ちました。

かなり破天荒なミコト役で野崎さんは演技の幅を広げることができたのではないかと思われます。

「シグナル」での野崎萌香の役どころは?

そして今回の「シグナル」での役どころは、セレブな家の娘であり、大学の研究員の矢部香織。

一見おしとやかな育ちの良いお嬢さん、に見えますが、実は工藤の娘・和美の焼死に関するPTSDを抱えており、抗不安剤を常飲している、という闇を抱えた女性。

「ラブラブエイリアン2」のミコトとは全くの正反対の役どころに挑戦しているようです。

矢部香織がどのように工藤親子と関わっているのかは現時点で不明ですが、個人的には香織は誘拐されたものの、香織本人が何か重要な犯罪をしているようにはあまり見えません。

が、香織は単なる被害者なのか、それとも工藤親子にとっては加害者なのか。詳しくは6話で明らかになってくるものと思われます。

以上「シグナル」5話から出演中の野崎萌香さんについてみてきましたが、これからモデル業のみならず、女優としても大いに活躍していって欲しいですね。

関連記事