シグナル 吉瀬美智子の時計には意味が!?時計の秘密が明かされた!

ドラマ名別

韓国で爆発的大ヒットとなったドラマ「シグナル」の日本リメイク版として「シグナル-長期未解決事件特捜班-」が人気俳優の坂口健太郎さん主演で放送中です。

主人公の三枝(坂口健太郎)と大山(北村一輝)は現在と過去という時空を飛び越え、無線機でやりとりしていますが、桜井(吉瀬美智子)はそのことを知りません。桜井の腕にいつも付いているあの時計は一体・・・?

そして大山の失踪の真相とは?

吉瀬美智子の時計には元の持ち主が!

桜井がいつも肌見放さず付けている腕時計は大山のもので、大山から直接もらったわけではなく大山のものを父親から譲り受けたのでした。

その腕時計を桜井は大山時計店に度々修理に出していたようです。

きちんと手入れがされた様子のその腕時計は、18年という長い年月桜井が大切に身に付けており、大山への強い想いを感じます。

吉瀬美智子に時計を渡された経緯

大山は失踪して後、収賄の容疑をかけられてしまいました。桜井は大山が教育係だったことや大山に惹かれていたということもあり、大山が無実だということを信じていました。

そんな桜井の想いに大山の父が感銘を受け、大山の残した捜査資料と腕時計を託されたのでした。桜井もそんな大山の父の想いに答えるように資料も時計も大切にしています。

大山失踪は収賄事件が鍵を握る!

不自然なまでに完璧に揃った収賄の証拠に三枝は違和感を感じていました。

そして三枝が事件のことを調べれば調べるほど、刑事部長の中本(渡部篤郎)や捜査一課係長の岩田(幸本雅裕)が圧力をかけてきます。

中本は収賄事件の後、昇進をしたため裏で何か動きがあったに間違いありません。岩田は中本に何らかの弱味を握られているという可能性が高いです。

この収賄事件が今後の展開の大きな鍵を握っています!

無線機の謎、時系列の謎を三枝が追う!

とても頭が良い三枝ですので、なぜ無線機が使われたのか、大山はなぜ失踪した日にあの場所にいたのかなどを考えはじめています。

全てを細かく記録しプロファイリングするというのは仕事柄なのかもしれませんが、頭のキレ具合などには驚かされます。

三枝のプロファイリングにより、もしかしたら大山を救うことができるかもしれません!

5話では、過去が変わってしまい悲しい出来事が起こってしまいましたが、さらに6話では衝撃の展開が待っていそうです!

ドラマ「シグナル 長期未解決事件特捜班」は毎週火曜夜9時放送です。どうぞお見逃しなく!
(引用:https://www.ktv.co.jp)

関連記事