陸王のモデル!?オニツカタイガーとはどんな会社?

ドラマ名別

陸王には、モデルなのではないかと言われる企業がいくつか存在しています。

「こはぜ屋」は同じ行田市内にある「きねや足袋株式会社」で、ライバル会社の「アトランティス」は「アシックス」がモデルなのではないかと言われています。

また、竹内涼真さん演じる茂木裕人は瀬古利彦さんで間違いないとかいう意見もあります。

そして、マラソン足袋「陸王」のモデルがオニツカタイガーなのではないかと言われています。

この記事ではその「オニツカタイガー」について書いていきたいと思います。

陸王のモデル!?オニツカタイガーとは

オニツカタイガーとは、昭和24年(1949年)に鬼塚喜八郎が創業したスポーツシューズブランドのことです。

オニツカタイガーの歴史

当初、最も製造が難しいと言われていたバスケットボール専用のスニーカーを製造販売する会社としてスタートします。

その後、数多くのスポーツシューズの開発を手がけて、1953年からマラソン用スニーカーの開発に乗り出します。

1956年のメルボルンオリンピックの日本選手団から、トレーニング用スニーカーとして正式に採用される事になり、スニーカーの耐久性は世界にも認められるブランドになりました。

オニツカタイガーの販売代理店だった会社が・・・

当時アメリカはジョギングブームで、コルテッツやレスリングシューズなどがヒット商品となっています。アメリカでオニツカタイガーの販売代理店だった会社が、後のナイキです。

ナイキ(NIKE)の前身のブルーリボンスポーツから、クッション性能の不足を指摘されると、ソールの厚みを従来よりも8mmプラスし24mmへと変更するなど様々な改善を行っています。

オニツカタイガーの親会社がアシックス

昭和52年(1977年)、他社との経営統合により会社名#ブランド名を現在の「アシックス」に改名して、オニツカタイガーのブランドは一時消滅してしまいますが、25年たった2002年に、見事にオニツカタイガーが復活を果たします。

その後、映画「キル・ビル」で、主演女優のユマ・サーマンがオニツカタイガーの「Taichi」を履いていた事で、一気に注目を浴びました。

ファッションアイテムとしては、人気が高いオニツカタイガーは、一般向けスニーカーブランドとして今でも製造販売されています。

オニツカタイガーが陸王のモデル!?

ファンの間では、陸王はオニツカタイガーをモデルにしているのではないかと噂されています。

オニツカタイガーは、マラソン足袋を開発していたり、また「アトランティス」のモデル企業がアシックスではないかと言われているので、派生してオニツカタイガーが、陸王のモデルではと言われているのでしょう。

SNSでは

「陸王のマラソンシューズ足袋のモデルがオニツカタイガーかもしれないって嬉しいな」

と、SNSでは多くの人が「陸王」はオニツカタイガー、アシックスなどをモデルに作られた話なのではと心を踊らせています。

陸王のモデル!?オニツカタイガーのまとめ

しかし、モデルに関しては、原作者サイドの公式回答は、あくまで「完全なフィクション、モデルはない」という事です。

しかし、類似している点は多いので、モデルではなくても参考にはしていると思われます。

あれこれ想像して、考えるのはドラマを見るうえでも楽しい事です。

関連記事