リピート第7話感想 連続殺人犯は誰?ますます先の読めない波乱の展開に!

感想

「リピート」もいよいよ佳境に入ってきました。リピート仲間内に本当に連続殺人犯は存在するのか。ここへきて存在感を急激に増してきた大森の動向も非常に気になります。注目の7話の感想です。

大森の狙いが全く読めない

突如前回から天童に積極的に接触してきた大森。なぜ今頃になって?という違和感もありつつ、それよりもよりわからないのが大森の目的です。

世界中の飢餓で苦しむ子どもたちを救いたい、というリピーターの中で一番、エゴがない美しい目的を持ってリピートに参加しているとのことですが、実際は不可解な行動だらけで、リピートの目的はそれだけではないことは明白です。

かなりの策士のようで、職場の男性とも金銭の怪しいやり取りがあり、また行方知れずだった坪井の隠れ家まで把握していた大森。サプリとごまかしていましたが、何やら薬を常飲している様子なのも気になります。

月9「海月姫」では最強オタク女子のノムさんを演じていた安達祐実さんが、この「リピート」でも実は影の最強プレイヤーなのかもしれません。

坪井が殺されていた現場を歩道橋の上から眺めていたのも、大森のように見えたのですが…真相やいかに。

頼れる男・天童の裏の顔が明るみに?

あとは天童です。

彼は今まで頼れるリーダー的存在で皆をまとめてきたかに見えたのですが、由子の遺体を手際よく山へ遺棄したり、風間が消えたマンションで何やら殺人事件に関与しているような回想があったりと、ここにきてダークサイドが少しずつ垣間見えてきました。

彼は風間とリピーターのパイプ役でもあるので、実は彼こそが風間と裏で繋がる共犯者なのでは?という疑惑も浮上。

天童のリピートの目的は息子の命を助けることでしたが、その目的を達成した今、彼は何の為にあれほどまでに動いているのでしょうか。風間に人知れず脅されているのか、それとも何か別の目的があるのでしょうか。

原作を踏襲しない新しい展開に

登場人物の設定や人数の段階でもかなり原作と異なっていましたが、ストーリー自体も原作から大きく改変されているようで、本当に先が読めない展開になってきました。

7話のラストで坪井が殺されたため、おそらく天童か大森が何か大きな秘密や鍵を握っているのは間違いなさそうですが、それがどう初回冒頭の負傷した鮎美、圭介、天童のあの姿につながっていくのか、全く想像できません。

 

以上が「リピート」7話の感想ですが、やはりあの由子の狂気がなくなったぶん、ハラハラ感が半減してしまいましたね。それだけ島崎遥香さんが大健闘していた、ということでしょうか。

これからラストに向けて様々な謎にどうオチを付けていくのか、注目していきたいと思います。

関連記事