リピート第2話 未来を予測できてもうまくいかない運命。そして新たな死者が!

リピート〜運命を変える10か月〜

いよいよリピートを実行し、過去をやり直せると意気揚々のメンバーたち。しかしその雲行きは仲間・高橋の突然の死により、どんどん怪しくなっていきます。リピートは本当に“素敵な時間旅行”なのでしょうか。注目の第2話です。

リピートをいぶかしがる天童

もともとリピート仲間のなかでも兄貴分だった天童。高橋の交通事故による急逝を受け、さらにリピートに対し、懐疑的になっていきます。他のメンバーがリピートしたことを喜ぶ一方で、自分は何も変わらない、と冷静です。その後、ホワイトデーには、圭介と鮎美を呼び出して相談しようとするなど、徐々にリピートの真相を究明しようと動き出しています。果たしてこの動きは功を奏するのでしょうか。

圭介は本当に由子と別れられる?

リピート後、圭介は競馬で勝ったお金でトラブルを回避し、由子との別れ話も、由子が納得して出ていった、ようになってはいますが、あの由子があのまま引き下がるとは到底思えません。

おそらくこの先も家かバイト先にやって来てはしつこく食い下がりそうな気がします。由子はお金持ちのようですから、お金の力では縁が切れません。彼女と別れるのは容易なことではないような気がします。

余談ですが、圭介の「お客様~」のひと言はちょっと秋ドラマの「ラブホの上野さん」を彷彿とさせる響きで、上野さんだ!と思わず嬉しくなってしまいました。

鮎美の彼の素性が明らかに

鮎美の彼の母親はなかなかクセがありますし、肝心の彼自身もどうやら二股をかけていたことがリピート後に判明。もしこの状況を知っていたら鮎美は、リピートしたでしょうか?

この状況を鑑みると、むしろあのまま破談になった方が鮎美にとっては良かったのではないかと思えるほどです。司書という立派な仕事まで辞めさせられかねないのですから。

よって鮎美はリピートすることによって知りたくなかった、彼の二股を知ってしまっただけで、なんとも気の毒でなりません。

リピートのし甲斐があった横沢

反面、横沢はラストで火事で亡くなってしまったものの、唯一リピートし甲斐のあった人物なのではないかと個人的には思います。

夫の夢を果たし、愛する夫と同じタイミングで死ねたのなら、夫に先立たれて余生をひとりぼっちで過ごすよりもよっぽどマシな気がします。

人よりもやや短くとも愛する夫と添い遂げ、一緒に旅立てた横沢は少なくとも不幸ではないような気がします。

 

1話に続き、2話でも今度は横沢が亡くなってしまいました。この流れだと次回もリピート仲間の誰かが亡くなることになるでしょう。そうなってくるとやはり風間の正体が何なのか非常に気になります。

これ以上の死者が出ないよう食い止められることができるのか、天童たちの活躍に期待したいと思います。

関連記事