ブラックペアンに福澤朗がゲスト出演!陸王に続くサプライズ配役!

ドラマ名別

「ブラックペアン」5話では、最新医療機器としてスナイプのほかに、手術支援ロボット“ダーウィン”が登場するようです。

正直あんなにドロドロとした人間関係で、インパクトファクターばかりに気を留めているヤブ医者連中に命を預けるよりも、ロボットのほうが信頼できるかもしれません。

そしてその“ダーウィン”を巡り、5話では新たなゲストも登場!

そのひとりがなんとドラマ初挑戦のフリーアナウンサー・福澤朗さんとのこと。

そこでその福澤朗さんにスポットを当てていきたいと思います。

福澤朗の役どころ

福澤朗さんが演じるのは、厚生労働省の医務技監の富沢雅之という男です。

ちなみに耳慣れない医務技監とは、“保健医療の重要施策を一元的に推進するための統括的役割を担う、事務次官級のポスト”だそうです。

正直難しくてよくわかりませんが、“臨床現場にイノベーションを”“世界の保健・医療をリード”とあるので、医学界を牽引していく役割であることは伺えます。

富沢雅之は医学会の旧態然とした環境を変えたいと、最新医療技術を取り入れ、外科医の能力の格差を是正したいとの思いで西崎教授を支援している、とのことです。

なので佐伯教授VS西崎教授の権力闘争に、さらに新しい人間が絡んできた、と言えそうです。

福澤朗の演技力は?

そこで、気になる福澤朗さんの演技力は?となりますが、個人的には「陸王」の阿川佐和子さんや松岡修造さんに比べると、はるかに計算できる役者さんのような気がします。

福澤朗さんの「ウルトラクイズ」での司会ぶりは、アナウンサーというより、なんというか、劇団員っぽい芝居がかった雰囲気がありましたし、学生時代は俳優になる道を模索し、劇団の研究生になろうとしていたとの情報もありますから、まず、問題はないだろうと思われます。

そして福澤朗さんのあの予告編での顔つきといったら!佐伯教授や西崎教授に引けをとらない、悪代官のような形相!

いいですね!全く負けていません。

福澤朗さんの満を持しての医務技監役が今からとても楽しみです。

福澤朗の意気込みは?

そして福澤朗さん自身のコメントによると、憧れの“日曜劇場”で本気でものづくりに取り組む現場での、心地よい緊張感を味わっている“とのことです。

生放送に慣れている福澤朗さんですから、おそらくどんな環境でもベストアクトをしてくださることでしょう。

ブラックペアン 5話ゲスト 福澤朗まとめ

以上「ブラックペアン」5話にゲスト出演する福澤朗さんについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

TBSさんの異業種ながら違和感のない配役をされる手腕にはいつも感服しますね。

関連記事