モンテ・クリスト伯 入間への復讐の結末は?入間家はどうなる?

ドラマ名別

世界的名作が原作のドラマ「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」はディーン・フジオカさん主演で好評放送中のドラマです。

5話では出口文矢(尾上寛之)が毒殺されてしまいましたが、出口を毒殺したのはなんと!入間公平(高橋克典)の妻である瑛理奈(山口紗弥加)だったのです!

モンテ・クリスト・真海と姿を変え入間公平に近づいた暖(ディーン・フジオカ)は入間にどんな復讐をするのでしょうか?

その復讐方法や入間家の結末はどうなるのでしょうか?

入間公平への復讐は家族を利用

南条幸男(大倉忠義)、神楽清(新井浩文)に比べ入間公平は非常に頭が良く慎重です。

入間公平への復讐は困難

そして、真海のことを警戒しているため入間への復讐が一番難しくなると思われます。

しかし、入間は自らの社会的地位や世間体を気にするため、自宅で起こった毒殺事件を心臓麻痺だと偽るなど、秘密がとても多いのです。

入間公平への復讐は瑛理奈と未蘭を利用!?

入間自身の不正を暴くことは困難かもしれませんが、入間の前妻と出口を毒殺した瑛理奈のことで入間を揺さぶることはできそうです。

また、入間の娘の未蘭(岸井ゆきの)は守尾漁業社長の息子であった守尾信一朗(高杉真宙)と恋に落ちそうです!

未蘭を社会的地位のある出口と結婚させようとしていた入間ですので、未蘭と信一朗が恋人になれば許すことはないでしょう!

未蘭と信一朗を駆け落ちするように仕向ければ入間へのダメージは大きいはずです!

入間公平への復讐の結末は!?

瑛理奈は入間公平の前妻、そして出口を毒殺し、さらに未蘭の命も狙っているようです!

しかし、真海は守尾信一朗にだけは恩を感じているため、未蘭の命が奪われる前に入間への復讐を遂げようとしてくるはずです!

入間公平の社会的地位と家族を奪う

瑛理奈が未蘭を毒殺しようとしている証拠、前妻と出口を毒殺した証拠を入間や世間にバラし、入間の社会的地位を奪うのではないかと予想します!

これにより瑛理奈は捕まり、未蘭と信一朗は2人で遠い地へと逃れ、家族はバラバラになるのではないでしょうか!

入間公平が最大の敵!入間への復讐は一番最後!?

原作の通りですと、入間への復讐が一番最後、入間が真海の最大の敵となっています。

確かに現職の警察官である入間ですのでそう簡単にはいかないでしょう!

しかし、南条への復讐もすみれ(山本美月)のことがあるため同じくらい意味のあることでしょう。

原作とは設定が違うもところありますので、もしかしたらドラマでは南条への復讐が最後となるのかもしれませんね!
(引用:https://www.fujitv.co.jp)

関連記事