モンテ・クリスト伯 江田愛梨(南条マネージャー)が真海側の理由!

ドラマ名別

「モンテ・クリスト伯」で真海(ディーン・フジオカ)と南条のマネージャー・江田愛梨(桜井ユキ)が繋がっていたことが判明した時にはひどく驚きました。

そしてその驚きも束の間、真海と江田愛梨の官能的な絡みもあり、そちらにもどきどき。そこで江田愛梨が真海を愛していることだけは明確に表現されていました。

しかしこの江田愛梨、かなり謎の人物です。真海側の人間ではありますが、なぜ南条家に潜入しているのでしょうか。

その謎を探っていきたいと思います。

江田愛梨は日本人ではない!?

モンテ・クリスト伯のHPの人物相関図を見ると、どうやら江田愛梨(桜井ユキ)は日本人ではなく、香港の中国人の父と日本人の母のハーフの模様。

なので広東語と日本語が堪能。ただこのご両親は事故で亡くなっており、そこにはある日本人が絡んでおり、その日本人に復讐したいと考えているとのこと。

もうこの情報だけでもかなりネタバレのような気がしますが、江田愛梨も真海(ディーン・フジオカ)同様、復讐が目的で生きている人間のようです。

江田愛梨は真海がヘッドハンティング?

江田愛梨(桜井ユキ)が香港出身というのはかなりの重要なポイントだと思われます。

そしておそらく、真海(ディーン・フジオカ)の秘書・土屋(三浦誠己)が入間公平(高橋克典)と神楽留美(稲森いずみ)の新生児遺棄に大きく関わっていた人物だったのと同じように、江田愛梨もまた南条幸男(大倉忠義)もしくは神楽清(新井浩文)と大きく関わっている人物なのではないでしょうか。

江田愛梨の目的は?

そして普通に考えれば、逆輸入俳優として香港で活躍していた南条幸男が、江田愛梨の両親の死となんらかの関係がある可能性が非常に高いと思われます。

そして3話では、南条幸男に独断で中国語の脅迫文をFAXしたりしていますから、南条幸男の方が江田愛梨のターゲットと思ってほぼ間違いないでしょう。

すみれに嫉妬の炎を燃やす江田愛梨

そして、江田愛梨(桜井ユキ)はどうやら真海(ディーン・フジオカ)にひどく惚れ込んでいる模様。

なので時々、すみれ(山本美月)に対して少しけんのある物言いをすることがあります。真海にくれぐれも暴走するな、と牽制されてはいるものの、やや感情が先走り気味の性格の様子。

なので、南条幸男(大倉忠義)への恨みとすみれへの嫉妬心が燃え上がると、もしかしたら予想外の不測の事態が江田愛梨の手によって起こってしまうかもしれません。

そしてそれは慎重な真海にとって、江田愛梨の暴走はある種心配の種でもあるのではないでしょうか。

モンテ・クリスト伯 江田愛梨(南条マネージャー)が真海側の理由まとめ

以上「モンテ・クリスト伯」の南条のマネージャー・江田愛梨(桜井ユキ)の素性を探ってみましたが、彼女の復讐は果たしてうまくいくのでしょうか。

そして、真海(ディーン・フジオカ)とのバディは最後まで成立するのでしょうか。彼女の今後の動向にますます目が離せません!

関連記事