もみ消して冬 6話感想 秀作と知晶の推理戦!泰蔵に復讐した犯人を探せ

感想

山田涼介さん主演のコメディドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに」ですが、今回第6話では主人公の秀作(山田涼介さん)の父である泰蔵(中村梅雀さん)が薬を飲まされ倒れてしまいました!

殺人未遂と騒ぎますが事件の真相は…?ゲストの山村紅葉さんが色々とすごかったです!

もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~第6話感想

怖いのは普通のおばさん…その通り!

泰蔵は大学時代の友人達からバレンタインにチョコを貰い、その中に睡眠薬が入っていたため自宅の玄関先で倒れてしまいました。

泰蔵は博文(小沢征悦さん)が働く病院に入院したのですがそこへ泰蔵の友人達がお見舞いに来たため、そこから情報を得て知晶(波瑠さん)、博文、秀作は睡眠薬を入れた犯人を探しだそうとします。

睡眠薬を入れた犯人は冗談のつもりだったとあっさり見つかってしまうのですが、実は他のチョコにも薬物が混入されていました!

やはり犯人探しをしなければと三人で捜査をするのですが、知晶と秀作の推理が違ったため姉弟で推理対決となります!

結果は知晶の推理が当たり、秀作はこずえ(山村紅葉さん)を犯人扱いしたためにこずえを怒らせてしまいました。

独身のこずえは誠意を見せろと言い秀作と食事をし、バーでお酒を飲み、そしてホテルの一室でダンスの相手をしろと言います!寸でのところでこずえを睡眠薬で眠らせて秀作は無事に生還できました!

同級生の息子とデートし、さらにホテルに誘うなんていうおばさんなんてなかなかいませんよね!脅迫のようにデートにこぎつけたこずえがスゴい!と思うと同時に怖くもあります。

秀作は何事もなく替えれて本当に良かったなと思いました。

今回も恋に進展が無かった!

バレンタインにデートをした秀作と里子(恒松祐里さん)でしたが、相変わらずその後連絡先を交換することもなくあまり進展の無い感じでした。

最後にこずえの元から生還した秀作はその足で里子の元へ向かい里子に会いに行きますが家に上げられることなくインターフォン越しに電話番号だけを知ることになりました。

しかもその番号は間違っていて秀作は連絡ができずに落ち込みます。また、知晶と尾関(小瀧望さん)も相変わらず会えずにいるため進展はありません。

もうそろそろ恋に進展があっても良いのになーと思っていると、第7話の予告では秀作は里子にフラれてしまっているようなシーンがありました!何が起こるのか気になります!

善財が事件に?!

結婚が決まった善財(竹森千人さん)のためにハンドベルを練習することになってしまった博文ですが、善財の結婚式場を訪れ善財を探していると、そこにはハンドベルで殴られたような痕跡のある善財が倒れていました!

一体何が起こったのか全く分かりませんがハンドベルで殴られていることから博文が疑われるのは間違いなさそうです!第7話はこの内容となりそうですが博文がこれがきっかけで引きこもりに?とありました。

善財に一体何が起こったのか、博文の無実はちゃんと証明できるのか気になります!

 

大人気ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」ですが、第7話では秀作と博文が団結する様子が見られそうです!

家族の絆がコメディタッチに描かれたドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」 は毎週土曜夜10時放送です!どうぞお見逃しなく!(引用:https://www.ntv.co.jp)

関連記事