もみ消して冬 5話 ネタバレ 秀作が博文に恋愛下克上!!

もみ消して冬〜我が家の問題なかったことに〜

エリート兄弟が家族に起きた問題を全力で解決…もみ消そうとするコメディドラマ、もみ消して冬の第5話が放送されました。

前回自身が思いを寄せる女性警察官の池江と、兄である博文が急接近している場面を目撃し焦り始めた秀作。気になる第5話を徹底ネタバレしていきます!

博文と池江の急接近

ホームパーティーで急接近した博文と池江の様子に秀作は焦りを覚えます。姉の知晶に悔しい思いをぶつけていた秀作ですが、池江を送って帰ってきた博文相手には何も言えず。

それどころか知晶が弁護を担当する事件が兄弟間の三角関係により医師の兄が弟を殺めてしまった事件だと知り、似すぎている状況に怯み始める始末。

しかし博文に勝つ秀作を見てみたいという知晶の応援もあり、秀作は池江を取り戻すべく戦うことを決めました。

秀作の作戦

まず秀作は池江を食事に誘うことにしました。以前池江が自分にそうしてきたように、書類に見せかけた誘いの文書を池江に渡します。しかし返事は不合格のスタンプ。

池江はこの日博文と食事をする約束をしていました。池江と食事をし自宅に帰ってきた博文は終始上機嫌で、池江がいかに魅力的な女性かを父の泰蔵に話します。

結婚を考えているということまで父に宣言し、父も心なしか嬉しそうにしている状況に秀作はさらに焦りを覚え、新しい作戦を思い付きました。

博文は池江のことなど好きではなく、ただ結婚したいために自分に好意のある女の子を繋ぎとめているだけ。そのことを博文の最大の敵である善財に伝え、博文と池江の関係をどうにか断ち切る協力を仰ごうとしたのです。

善財は博文と教授争いをしているライバルであり、兄を不幸にすることには協力してくれるであろうという考えでした。

決戦のバレンタインデー

善財からの交換条件であるレストランの予約をいち早く済ませた秀作でしたが、その後善財からの連絡はなく博文と池江もまた離れてもいない様子。

秀作は善財に利用されたということに気付き打ちひしがれていました。そして訪れたバレンタインデーの日、父は外食を予定していて博文もまた池江と豪華クルーズでディナーをする予定だと明かします。

職場では池江が男性職員に義理チョコを配っており、秀作の前にも皆と同じ義理チョコがおかれました。

しかし池江は見るからに本命チョコと思われるものも持っており、秀作は淡い期待を抱きますがそれを渡されることはありませんでした。

兄のアシスト

肩を落として食事をする秀作に知晶は秀作を奮い立たせる言葉をかけました。博文相手にまだ勝てるかもしれないと感じた秀作。急いでクルーズが出航する場所へと急ぎます。

しかしバスに乗ろうとしたその時、財布を家に置き忘れてきたことに気付く秀作。取りに戻っては船が出てしまうため、やってはいけないことと知っていながらも唯一持っていた警察手帳を使うことに。

バスやタクシー、通行止めの工事現場のすり抜けなど見事警察手帳でやってのけた秀作を待っていたのは池江でした。

池江は博文にここで秀作を待つよう言われていたと説明、博文からかかってきた電話で、いつまでもウジウジしている秀作の背中を押すため池江に近づいたと気かされ自分がしてきたことの姑息さに落ち込みます。

バレンタインの真相

秀作のために池江に近づいたと言った博文ですが、それは真っ赤な嘘でした。突然現れた自分に好意を持つ美女に乗り換えるため、全ては池江と秀作を結びつけるためとごまかし池江から手を引いたのです。

信じたのは秀作だけで、池江は博文の言葉に騙されるふりをして秀作に乗り換えていました。博文と急接近した美女。二人は別の場所で食事をする約束をしていました。

しかしこの美女は善財が用意した女性。確実に秀作へ協力すべく動いていた善財の働きによって博文と池江は別れ、秀作の元に池江が戻ってきたのでした。

 

いかがでしたか?ラストは衝撃のうそ祭だった第5話でしたね。もみ消して冬は毎週土曜、夜10時から放送中です!

関連記事