もみ消して冬3話に登場!あのかわいいメイド役の女優さんは誰?!

キャスト

2ケタの高視聴率をキープしているコメディドラマ「もみ消して冬」。

3話ではベテラン執事・小岩井がメイド喫茶にハマっているとの疑惑が沸き起こり、ひと騒動おきましたが、その中で小岩井の娘・ふみよ役を演じていた若手女優さんがかわいいと話題に。

そこでその女優さんにスポットを当ててみたいと思います。

演じているのは“岡山の奇跡”桜井日奈子さん

演じているのは“岡山の奇跡”との愛称で知られる桜井日奈子さん。2014年に岡山で「美少女グランプリ」に選ばれ芸能界入りを果たした20歳。

憧れの女優さんは北川景子さんとのことですが、2016年に大学にも入学し、今学業と仕事を両立し頑張っているようです。

まだ出演作品は少ないものの、現在は「いい部屋ネット」のCMでコミカルなダンスと演技を披露。コメディエンヌとしてのポテンシャルも垣間見える、ネクストブレイク必至の若手女優さんと言えるでしょう。

2018年4月映画「ママレード・ボーイ」が公開

そして桜井日奈子さんと吉沢亮さんのダブル主演で、2018年にはマンガ原作の映画「ママレード・ボーイ」の公開が控えています。

すでにテレビアニメ化、台湾では実写ドラマ化されている作品ですが、日本での実写化は初めて。

「ママレード・ボーイ」は少女漫画の不朽の名作とのことで、そのヒロイン・光希を演じる桜井さんに多大な期待がかかっているようです。

監督は以前有村架純さん、福士蒼汰さん主演の「ストロボ・エッジ」を撮った廣木隆一監督なので、おそらく桜井さんの魅力を存分に引き出してくれていることと思われます。

その内容は、三角関係、四角関係、の恋愛のもつれに加え、異母兄妹疑惑まで出てくるという韓流ドラマのような物語とのこと。そして廣木監督には常にナチュラルな演技を求められ、苦心したそうです。

「もみ消して冬」3話ではそれほど出番がなく非常に残念でしたが、今回は桜井さん演じる等身大のヒロインを、思う存分スクリーンで堪能できそうです。4月の公開が非常に楽しみですね。

 

「もみ消して冬」3話では完成度の高いメイド姿を披露。ファンのかたはきっとテレビの前で悶絶したのではないでしょうか。

そんなフェミニンな印象の桜井さんですが、13年間バスケットボールをしており、特技がバスケットボールとのこと。将来アクションやスポーツものの作品にチャレンジしたい、との抱負を語っています。

2018年はさらにテレビや映画での露出も増えていくそうなので、桜井さんのアクションシーンが見られる日も近いかもしれません。

女優として大きな可能性を秘めた、桜井日奈子さんの今後の活躍が大いに注目していきましょう!

関連記事