きみが心に棲みついた 挿入歌「偽りのシンパシー」が良い!

主題歌・挿入歌

原作コミックも人気のドラマ「きみが心に棲みついた」ですが、主人公の小川今日子(吉岡里帆さん)を取り巻く人間模様や今日子の心の闇、今日子と吉崎(桐谷健太さん)との恋、星名(向井理さん)からの呪縛など見どころ満載のドラマです!

ドラマを盛り上げる挿入歌「偽りのシンパシー」を歌うのはMONDO GROSSO(Vocal:アイナ・ジ・エンドさん)!豪華な挿入歌についてまとめました!

きみが心に棲みついた挿入歌

「偽りのシンパシー」MONDO GROSSO(Vocal:アイナ・ジ・エンド)

MONDO GROSSOとは

MONDO GROSSOとはバンド名であり、世界的アーティストである大沢伸一さんのソロプロジェクトです。MONDO GROSSOとはイタリア語で「大きな世界」という意味です。

大沢伸一さんと言えばクラブミュージックのイメージが強いですが、近年は様々なアーティストとコラボしていることもあり親しみやすい楽曲も多いです。

音楽のジャンルにとらわれることなく、R&B、ジャズ、ソウル、ハウス、テクノなど様々なジャンルの音楽を作り出しています。

挿入歌を歌うのはアイナ・ジ・エンドさん!

楽曲はMONDO GROSSOですが歌うのは、女性アイドルグループ「BiSH」のアイナ・ジ・エンドさんです。

BiSHは楽器を持たないパンクバンドなのですがアイナ・ジ・エンドさんはアイドルグループとは思えない歌唱力、独特のハスキーボイスが魅力でBiSHのメインボーカルです。

他のアーティストからも高い評価を受けるアイナ・ジ・エンドさんの新たな魅力を大沢伸一さんが引き出します!

挿入歌「偽りのシンパシー」

ドラマの中でここぞというときに流れてくる「偽りのシンパシー」ですが、独特のハスキーボイスから出る存在感はあるけれど邪魔しない歌声、耳に残るリズムがすごく印象に残ります!

ドラマでは、今日子の恋が動きそうになったり今日子が星名のために脱ぐシーンなど色っぽいシーンに使われることが多いのですがそういったシーンにもピッタリの大人な楽曲です。

 

人気のドラマ「きみが心に棲みついた」は怖すぎる男、星名を演じる向井理さんの演技力や女同士の戦いなども毎回話題となっていますが、第5話からはついに星名が吉前をターゲットにしそうです!

挿入歌MONDO GROSSO(Vocal:アイナ・ジ・エンドさん) の「偽りのシンパシー」はすでにデジタルリリースされています!

今後の展開が気になるドラマ「きみが心に棲みついた」は毎週火曜夜10時放送です!挿入歌にも注目して是非ご覧下さい!

(引用:https://www.tbs.co.jp)

引用:https://www.mondogrosso.com)

引用:https://ja.m.wikipedia.org)

関連記事