監獄のお姫さまの歌が気になる!ざんげ体操を覚えよう

ドラマ名別

宮藤官九郎さんが脚本を手掛けている、監獄のお姫さまの劇中では歌が出てきます。ごはんの歌も気になりますが、今回はざんげ体操を掘り下げたいと思います。

監獄のお姫さまの歌が気になる!ざんげ体操第2?

馬場カヨ(小泉今日子)が収容されている女子刑務所では、体操があります。それは、ラジオ体操のようではありますが作詞は護摩所長(池田成志)になっています。

作詞をした登場人物・護摩所長とは

監獄のお姫さまの公式HPを見てみると、護摩はじめ所長のことはこう紹介されていました。

「自立と再生の女子刑務所」所長。刑務所のイメージを明るくポジティブにしようと次々奇策を導入する。「斬新」というフレーズに弱い。
(引用:http://www.tbs.co.jp

問題が起きたときも「これは斬新なアイディアです」と言うとたいていのことはOKになります。

護摩所長は刑務所の中でも若井先生(満島ひかり)をはじめ、刑務官からは問題児と思われている節があります。

所長なのに(所長だから?!)結構子供っぽくてわかりやすい性格なところが好きです。聞き分けがないところもあるので、そこはちょっとムカッときてしまいますけどね。

監獄のお姫さまの歌が気になる!ざんげ体操第2の歌詞

話数が進むにつれて、色んな歌詞が出てきました。

「背中を丸めてどうもすいませーん。両手を合わせて生まれてすいませーん。」
「放火 置き引き 美人局」
「はい、男が悪い」
「ついカッとなって」
「女も悪い」

だんだん罪状が増えていっている気がします。私がツボだったのは「桃栗三年、詐欺十年」でした。

監獄のお姫さま 歌詞だけじゃ無い!ざんげ体操の振り付けも独特

ざんげ体操第2は歌詞も独特ですが、振り付けも独特です。どうもすいませーんは林家三平さんの往年のギャグのように、頭に拳を乗っけながらお辞儀します。護摩所長の世代がだいたいわかってきますね。

私がツボだった「桃栗三年、詐欺十年」は、手錠をかけられたように両手を前に出していました。お気づきかと思いますが、上に挙げたような体制はもはや体操にはなっていないのです。

所々ですが、深呼吸とか前屈とかラジオ体操の要素も一応入っています。この体操も護摩所長が考えたのだと思うと愛おしく思えてきました。

歌詞ノートも作ってあったし、みんなに隠れてこっそり作ってそうだなと思うと護摩所長の子供っぽい性格も少しは可愛いと思えます。

監獄のお姫さま ざんげ体操の歌はどこで聞けるの?

「ごはんの歌」の配信がスタートしています。「朝ごはんの歌」「昼ごはんの歌」「晩ごはんの歌」それぞれ1曲200円でiTunesで配信されています。

一方、気になる「ざんげ体操第2」は放送される時間も少ないので、配信されていません。

気になる方は、是非放送をご覧ください。

関連記事