ドラマ【あな家】1話 感想・あらすじ

あなたには帰る家がある

「あなたには帰る家がある」なんて、なんと優して心強いタイトル!“女三界に家無し”と言いますから、素直に羨ましい!と思ってしまいました。

しかしその桃源郷のようなタイトルとは裏腹に、なんだか冒頭からシビアな展開のようです。

「あな家」1話 感想・あらすじ1:賞味期限をチェックする夫と白目を剥く妻

こーんな美しい妻がいながら、浮気している、とか、なかなかヒドイ夫だなあーと思っていたら、その上賞味期限にも細かい神経質な面まで。そりゃあ、白目も剥きたくなりますって。

いくら玉木宏ほどのイケメンでも、こんな夫絶対にいやだなあ、と心底思ってしまいました。冒頭からパンチの効いた始まりです。娘がかわいいのが救い。

「あな家」1話 感想・あらすじ2:公の場で不機嫌全開のボサボサ夫と妖艶な美しい妻

こちらは、もうビジュアルからユースケ・サンタマリアさんが物凄い仕上がりで圧巻。こんなオヤジ、本当に居そう~という出で立ちとキャラ。

なんであんなに美しい妻がいるのに、こちらも不機嫌さ全開なのか、理解に苦しみます。美人も三日で飽きる、なんて言葉もありますが、本当なのでしょうか。

「あな家」1話 感想・あらすじ3:双方の妻の抑圧された日常

真弓は、家事苦手そうだし、外で働いたほうが良さそうだな、と思ったところで友人からヘッドハンティング。あっという間に職場復帰成功。

でも予想通り妻が働きに出ても、夫・秀明は家事を手伝う気はゼロのようです。共働きで家事丸投げはフェアじゃないですね、娘にはブタ甘のようですが。

一方綾子は、夫のみならずなんと二世帯同居!家全体から虐げられている空気満々で、息苦しい日々を送っている模様。うわー、これはキツイ!そして綾子は料理の腕前は超一流のよう。家事能力が高そうです。

「あな家」1話 感想・あらすじ4:いとも簡単に惹かれ合う秀明と綾子

綾子もなんというか、一件おとなしそうで意外とアグレッシブに心を揺さぶってくるので、少し怖いのですが、それにまんまと乗る秀明。前のドラマ「ホリディラブ」を見て少しは警戒したほうが良さそう。

現に夫の太郎はいつも絶妙のタイミングで出現しているので、もしかしたら茄子田夫妻はグルかもしれません。妻を公認で不倫させて、燃え上がるタイプの性癖とか?

秀明の安易で軽率な行動が、どんどん深みに入っていかなければいいのですが。

 

以上「あなたには帰る家がある」1話の感想でした。

結婚記念日に不倫…と、タイトルとは真逆の内容で、少し驚きましたが、もしかして“帰る家”とは“カレーショップこまち”ではないですよね!?…まあ、ああいうお店も居場所になりそうではありますが…。

関連記事