ファイナルカット 2話 謎の小河原家の長男は未だ登場せず

FINAL CUT

亀梨和也さん主演ドラマ「ファイナルカット」ですが、パルクールを取り入れたアクションや豪華キャストが話題のドラマです。2話まで放送されましたが、小河原家の長男がいまだに登場していません。

公式サイトにもまだ役者が発表されていない小河原家の長男、小河原祥太のことやドラマの流れをまとめました!

火曜ドラマ「ファイナルカット」

2話までのまとめ

主人公の中村慶介(亀梨和也さん)は12年前、最愛の母を亡くしています。慶介の母である早川恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園の園児が殺害されるという事件があり、恭子はその容疑者として疑われていました。

恭子を容疑者に仕立て上げたのは「ザ・プレミアワイド」という番組です。

司会者の百々瀬塁(藤木直人さん)、プロデューサーの井出正弥(杉本哲太さん)、ディレクターの真崎久美子(水野美紀さん)らへの復讐のために慶介は素性を隠して彼等に近付きます。

慶介は幼馴染みである野田大地(高木雄也さん)とメディア被害者のためのサイトを作っており、そこには「ザ・プレミアワイド」関係者に振り回された人々の書き込みが綴られています。

慶介は被害者のため、恭子の復讐のために「公開されるとその人の人生が終わる致命的な映像“ファイナルカット”」を作り井出、真崎に突き付けました。

二人はファイナルカットを突き付けられたことにより慶介の言いなりになるしかありません。

同時に、慶介は小河原姉妹への接触を試みます。姉の小河原雪子(栗山千明さん)の働く美術館に足を運び雪子の気を引きます。消極的な雪子ですが慶介に好意を持っていることは間違いありません。

妹の小河原若葉(橋本環奈さん)はすでに慶介のことを好きになっていますが、なかなか発展しない関係に若葉は積極的に行動をします。二人に素性を隠し近付く慶介ですが、慶介はどちらかを本気で愛してしまいます…。

慶介の職業は警察官です。ファイルをまとめると言いながら恭子の事件のことを調べていると副署長の高木清一郎(佐々木蔵之介さん)から熱心だなと声を掛けられます。

しかし高木は慶介を「早川慶介くん」と言ったのです…。高木は事件に関係がありそうな予感がします!

小河原との関係

恭子の経営する保育園と同じビルの2階に「小河原法律事務所」がありました。事件のあった日、恭子がいなくなった子供を探していると小河原法律事務所から大きな荷物を運ぶ若い男の姿を見たのです。

恭子はその男が犯人ではないかと警察や真崎に言ったのですが結局真相は分からぬまま、恭子は汚名を着せられたまま亡くなってしまいました…。

小河原祥太

小河原家の長男の祥太ですが、これまで写真でしか登場したことがありません。2話で若葉は祥太は海外で暮らしているためずっと会っていないと言います。

慶介は、事件の時まだ幼かったの雪子と若葉の証言が不自然に一致しすぎていることに疑問を感じています。

小河原家では祥太の話はタブーのような雰囲気もあり、若葉がお兄ちゃんはどうしてるの?と聞くと濁したような返答しか返ってきませんでした。

祥太が生きているのかすらも疑問ですが、果たして祥太は事件と関係があるのでしょうか?小河原祥太の正体とは一体…?

 

慶介の復讐劇がメインのドラマ「ファイナルカット」ですが、恋の行方や人間模様、小河原祥太役が誰なのかも気になりますね!

ドラマ「ファイナルカット」は毎週火曜夜9時放送です!どうぞお見逃しなく!(引用:https://www.ktv.co.jp)

関連記事