ドクターY あらすじはこちら!

ドラマ名別

いよいよドクターXのスピンオフドラマ、「ドクターY」がネット配信で登場します。

第2弾のあらすじはどんなストーリーになるのでしょうか?

ドクターXのスピンオフドラマ「ドクターY」第2弾

ドクターXといえば、濃いキャラクターが多いのが特徴ですが、その中でも加地秀樹はひときわ異彩を放っています。加地秀樹の強烈なキャラクターがクセになってしまい、頭から離れないという人も多いのではないでしょうか。

ドクターXシーズン5の出演者に加地秀樹の名前がなかったのを残念がった人という方が多くいたのではないでしょうか。2016年の初スピンオフドラマも好評だったので、ドクターYの第2弾スピンオフを期待していた人もたくさんいるはずです。

待望の第2シリーズは、ホラーな要素が入っている話ということなので、ちょっと臆病な面があり、セコい加地秀樹が、どんな演技を見せてくれるのか楽しみです。スリリングかつコミカルな演技を期待しましょう。

ドクターY あらすじ

加地秀樹(勝村政信)は、いつまでたってもブレない“セコさ”と、たまに見せる一流の外科医としての“格好良さ”でおなじみの憎めない外科医です。

お金にはめっちゃ弱く、今回も一晩50万円の高額報酬に目がくらみ、山奥の「穂野倉病院」で当直を引き受けることになります。

病院へ向かう道で、加地秀樹は地元の人たちから、不思議な言葉をかけられますが、妙に思いながらも病院を目指します。加地秀樹は看護師の中田和真(堀井新太)に院内を案内してもらいます。

今回はホラー要素も!?

病院で当直をしてみると、物騒な事が起こる事に気がつきます。引き受けた事を後悔していると、突然不審者の水木(星田英利)にナイフを突きつけられる事になってしまいました。水木は以前穂野倉病院と関係があったようです。

次の日、加地は看護師の中田から「穂野倉病院」の噂話を聞きだします。15年前にある事件が院内で発生してから、少女の霊が目撃されるようになり、怪奇現象が頻発するようになったといいます。

加地秀樹は少々ビビりながらもバカバカしいと強気な発言をします。すると、当直室の内線電話が鳴り、加地秀樹が取ると「助けて」という少女の声が聞こえてきました。

少女の霊にビビりながらも、看護師の中田や霊の存在に否定的な看護師の清水怜子(飯豊まりえ)を巻き沿いにして、夜更けの院内パトロールを開始します。

地下の霊安室は、長年封鎖されていて、恐る恐る扉を開いた加地達は、信じられない光景を目の当たりにします。

少女の霊の真相に迫っていきます。

物騒な物事の真相とは。

ちょっとホラー的要素があるようですが、コミカルに話が進んでいきます。「おっ!?」と驚くような最後になっているといいます。

まとめ

加地秀樹は患者に対して、真面目な時は本当に真面目でオペのシーンもカッコいいです。おちゃらけた時とのギャップが魅力でもあります。

医療ドラマなので、加地秀樹の中に息づく外科医魂をきちんと描写しています。

1話10分なので、サクッと見れますよ♪

関連記事