ドクターX 5話 ネタバレ ヒポクラテスとは!?

ドラマ名別

ドクターXの5話のピポクラテスついての解説です。ネタバレ5話のあらすじです。

ドクターXに、人工診断システムピポクラテスが導入されるようです。

ロボットVS人間さてどうなるのでしょうか。

ドクターX AI・ピポクラテスとは

内神田景信(草刈正雄)は、院長の蛭間重勝(西田敏行)にヒポクラテスというAIを導入した症例を作り上げて欲しいと頼みに来ます。相変わらず、内神田は自分の私利私欲の為だけにヒポクラテスを勧めている感じです。

ヒポクラテスとは、五千万件もの医療データから、最も適した治療法を調べるAIで、医学の父、ヒポクラテスからとって名付けられました。

蛭間院長は、早速ピポクラテスを使おうとします。海老名は、ヒポクラテスの手術を自分がやりたいと前向きですが、鳥井は「診断は時間をかけるもの」とAIに対しては疑いを持っています。

鳥井は「診断は人間がするもの」と思っていて、わりと真面目な医者なんだと見直しました。

世界最強の将棋ロボットのマングースと若き天才棋士五反田五郎五段が熱戦を繰り広げています。

突然、五反田五郎が腕のけいれんを起こして、意識不明になり倒れてしまいます。症状を見る限りでは、脳腫瘍の疑いが濃厚ですが、MRI画像をみても判断は難しい状況でした。

原は、ヒポクラテスにかけてみてはと提案しますが、鳥井は「的確な診断は医師の経験の積み重ねによるもの」と拒否します。鳥井なかなかかっこいいと思いました。

五反田は、病名がはっきりしないのなら、退院すると病室を出ていきますが、今度は両足に力がはいらなくなってしまい歩けません。また右手もけいれんしてしまいました。

ドクターX 5話 ヒポクラテスで診断

カンファレンスで、五反田の病名について話し合われています。右手のけいれん、意識不明、いろいろな意見が出る中、鳥井は懐疑的だったヒポクラテスの診断予想を元に脳腫瘍と判断します。医師たちはその判断にざわつきます。

未知子は、MRIの脳画像を見ながら、なんか違うと違和感を覚えます。しかし、何が引っかかっているのかわからず病名は判断できません。

そんな時、また五反田が倒れます。今度は一過性の記憶障害を起こします。脳腫瘍と判断したまま蛭間は未知子に執刀医を任せるつもりだったが、「まだ病名も原因もわからない」と。

鳥井がヒポクラテスが言ってるからと説得しようとするが、「確信できんの?根拠は?」と一刀両断。「オペなめないでよ!」と言い放ち、院長室を去る。

五反田の本当の病名は

未知子はまたも機械と卓球中。「何が違うんだ」と症状を思い返していた。ふと、震えていた五反田の右腕に絆創膏があったことを思い出す。焼肉屋にいる五反田を見つける「勝負の真っ最中だから、勝負飯くらい食べさせて」と五反田が言う。

未知子は気になっていた五反田の腕を見る。絆創膏が貼られていた箇所がぷっくりと膨らんでいる。知らない間にできていたらしい。

五反田は、ほとんど焼けていない豚肉を食べようとしていた。いつもこ五反田はレアな豚肉を食べているので気にしていなかった。海外に渡航してた時も生焼きの豚を食べていたいう。

それを聞いた未知子が、五反田の右足にもぷっくりと同じ膨らみがある事を確認します。未知子は五反田を病院に連れ戻し、ヒポクラテスの診断を無視して、勝手にオペを開始します。

五反田の症状の原因は、有鉤嚢虫という寄生虫がが原因でした。海外でレアの豚肉を食べると有鉤条虫という寄生虫の卵が体内に入ってしまい、それが孵化して幼虫の有鉤嚢虫になるといいます。

頭にいれば、意識消失や頭痛の原因になるといいます。未知子は「私、診断も失敗しないので」と言い放ちます。

恒例の記者会見では、蛭間はヒポクラテスが診断した脳膿瘍だったと話します。鳥井は蛭間からマイクを奪い「有鉤嚢虫だ」と本当の診断を話しますが、蛭間はあくまで脳膿瘍と主張します。

頭を空っぽにして勝つ

五反田はまたAIと対決しています。最初は押され気味の五反田でしたが、目をつぶり頭を空っぽにして次の一手を打つと優勢になり勝利します。

5話では、内神田と神原晃が旧友だったという事も明かされました。「あきちゃん」「うっちー」と呼び合って飲んでいました。

いかがでしたか。5話のあらすじネタバレでした。

関連記事