コンフィデンスマンJP 山田孝之登場シーンを振り返る!

ドラマ名別

コンフィデンスマンJP 山田孝之がスーパーカメオ出演

「コンフィデンスマンJP」5話では山田孝之さんがスーパーカメオ出演をする、ということで放映前から話題になっていました。スーパーカメオ、とはいえ“ジョージ松原”というしっかりした役名もある模様。

一体どのような出演シーンだったのでしょうか。振り返ってみたいと思います。

ダー子、ドレスアップして山田孝之とデートへ

ナンシーのなんちゃって手術の前日、準備に追われるボクちゃんをしり目にいそいそと、素敵な真っ赤なドレスでデートに出かけるダー子。そのお相手は“ジョージ”。

その姿こそ見せませんでしたが、おそらくこのジョージこそ、山田孝之さん演じる“ジョージ松原”であることは間違いありません。それにしてもダー子の過剰な投げキッス。たまりませんね。

山田孝之演じる天才特殊造形師・ジョージ松原、降臨!

執刀医が逃げ出したオペ室では、壮大な種明かしが。なんとあのナンシーの心臓は特殊造形によるニセモノでした。

そしてその本物そっくりの心臓を作ったのは、あの大ヒットドラマ「ドクター・デンジャラス」の特殊造形を手掛けた天才特殊造形師・ジョージ松原。

そこで、本物のジョージがニセモノの手術台の下からナチュラルに登場です。そんな一流のスタッフに心臓を作らせた、という事実に驚くと同時に、真剣に「仕事、選んだ方がいいですよ」と諭すボクちゃん。

そこでのジョージの答えは、「僕は仕事は選ばない主義だから」と満面の笑み。なんとシュールな!このカメオ出演を快諾した山田孝之さんが身を削っていったセリフの説得力たるや!

それにあのオーバーオールの恰好、CMジョージアのパクリっぽいですし。いろんな意味で真に“仕事を選ばない”ジョージの粋なカメオ出演でした。

今回のミッションの収支決算は?

いつもならミッションが終わった段階で、リチャードが収支決算報告をしてくれるのですが、虫垂炎手術により人格が変わってしまったリチャードは、金勘定にも興味が無くなってしまった?様子。

しかし今回も子猫ちゃんの動員人数は少なかったものの、ハリウッドから本格的な手術台の導入、そして何よりジョージ松原の人件費、とそこそこ経費も掛かっていると見受けられるので、

せしめた300万ドルから一体どれくらいの利益が出たのか、それとも赤字だったのか、微妙なところです。

すべてはジョージへの人件費次第、といったところでしょうか。ダー子と懇意にしているようですし、もしかしたら格安で引き受けてくれたのかもしれませんね。

コンフィデンスマンJP 山田孝之登場シーンまとめ

以上「コンフィデンスマンJP」5話にスーパーカメオ出演した、ジョージ松原こと山田孝之さんの登場シーンについてみてきましたが、今後も山田さんには仕事を選ばないスタンスを貫いていって欲しいな、と思います。

関連記事