コンフィデンスマンJPの副音声企画!【五十嵐のスウィートルーム】

ドラマ名別

最近は、出演者がドラマの内容などをトークする副音声が話題になることが多いです。月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」でも4話から不定期で副音声企画を実施する事になったようです。

副音声企画「五十嵐のスウィートルーム」

副音声企画のタイトルは「五十嵐のスウィートルーム」といいます。劇中で謎の男の五十嵐を演じている小手伸也がMCとなり、ゲストと共にドラマの裏話を語っていきます。

「五十嵐のスウィートルーム」詳細

初回の副音声は、ドラマの主題歌を担当しているOfficial髭男dismのボーカルとキーボードを担当している藤原聡さんと、ギターを担当している小笹大輔さんと小手伸也さんの3人でトークが繰り広げられました。

副音声収録が初顔合わせとなった3人ですが、全く違和感なのない息の合ったトークで、Official髭男dismの結成秘話や、主題歌の「ノーダウト」制作秘話などを語ってくれました。

小手伸也さんがあまりドラマの内容に触れなかったと言っていましたが、小手伸也さんは出演者だからこそわかるドラマ制作の裏話を話してくれて、藤原さんや小笹さんでがさまざまなリアクションを見せていました。

ドラマの中盤以降では、藤原さんと小笹さんが即興で弾き語りを始めて、小手さんがもそれにコーラスで参加して、副音声でしか聞くことができない主題歌「ノーダウト・五十嵐スイートルームVer」の披露があり、素晴らしいセッションになっていました。

実際、副音声がスタートすると小手伸也さんは自由に喋られていました。内容がドラマに触れているような全く触れていないようなまるで自分のラジオ番組のようでした。

自由しすぎてドラマに集中できない感じはありましたが、1回目は好評に終わった副音声でした。不定期なので5話は副音声がありませんでした。

今回はないのかと残念がる人が多くいたようです。

副音声を担当している五十嵐

ダー子、ボクちゃん、リチャードのメイン3人はそれぞれ個性があり魅力的ですが、3人より露出は少ないですが、回を追う事に人気が上がっているのが謎の男・五十嵐です。見た目は危ない人にしか見えませんが可愛いし声も最高です。

予告ナレーションも五十嵐

「コンフィデンスマンJP」の予告のナレーションも五十嵐役を演じている小手伸也さんが担当しています。見た目とのギャップに驚いた人も多いです。ルパンを思わせるも言う声もあります。

人気急上昇中の五十嵐

五十嵐は、第2話「リゾート王編」から登場しています。ボクちゃんに銃口を向けた時は敵かと思いましたが味方でした。

クセの強いキャラクターで第4のコンフィデンスマンと徐々にハマっている人が増えてきて秘かに人気を集めています。

第3話「美術商編」で「by ゴッホ」を連呼するその声のイケメンボイスぶりでTLが盛り上がっていました。

途中からの登場でちょっとしか出てきませんが、つい観てしまう魅力とインパクトがあります。

毎週副音声を聞いてみたいですが、そうはいかないようです。五十嵐さんの登場も期待しながら、副音声も期待したいと思います。

関連記事