BG 山口智子出演決定!ロンバケ以来22年ぶりの共演 ふたりの当時の年齢は?

キャスト

キムタク主演のドラマ「BG」6話では、なんと主人公・島崎の元妻役として、なんとあのロンバケで共演した山口智子さんが登場することが決定しました。

ロングバケーションといえば超・高視聴率ドラマで、月9の黄金期の代表作ともいえる作品。

残念ながら当時視聴していませんでしたが、世間では「月曜日には街からOLが消える」「ロンバケ現象」などとまで言われ社会現象を巻き起こすほどの人気ぶりでした。

このロンバケを見ていた世代がどれだけ「BG」を見ているのかわかりませんが、山口智子さんの出演は大きな話題となっています。そこで、昔懐かしいロンバケを振り返ってみたいと思います。

ロンバケ当時、木村拓哉24歳、山口智子31歳 年齢差7歳

ロングバケーションでは木村拓哉さんは、ピアニストの瀬名秀俊を、山口智子さんは元モデルでカメラマンアシスタントの葉山南、の役をそれぞれ自身の年齢と同じ年齢の人物として演じていたようです。

つまり実年齢と役の年齢が一緒。年齢差がそのまま反映されています。正直この二人に7歳もの年齢差があるとはかなり意外でした。それだけ山口智子さんの若さが際立っている、ということでしょうか。

山口智子さんと言えば個人的には「29歳のクリスマス」のときのイメージが強いのですが、このドラマでも明るくサバサバしたキャラの女性を演じていたようで、葉山南は山口智子さんの十八番ともいえる役柄だったといえそうです。

「BG」での元妻・小田切仁美とは?

「瀬名―!」「南―!」と呼び合う、同居を通して距離を縮めていた間柄だったロンバケの時とは正反対で、今回は6年前に離婚し、山口さん演じる仁美のほうは再婚しフラワーアレンジメントの仕事をしている、

というかなり微妙な距離のある間柄、ということで、おそらく山口さんも十八番の“明るくサバサバ”なキャラではない女性を見せてくれると思われます。

年齢を重ね、お互いに渋みや落ち着きを増した両者が、どう絡んでいくのか、非常に楽しみです。

もしかしたら、6話の主題の総理の警護よりも、木村拓哉さんと山口智子さんの共演の方が見どころになってくるかもしれません。

現在高視聴率をキープしている「BG」ですが、ドラマ中盤にきて、さらにこうしたサプライズを盛り込んでくるところはとても上手だと思います。

また山口智子さんのみならず、サンドウィッチマン・富澤さんも6話にゲスト出演し、コント並みのボケを炸裂してくれるとの情報もあり、今回の「BG」は本当に見どころ満載になりそうです。

 

長らく連ドラに出演されていませんでしたが、このところよく出演されるようになり、ファンの方は嬉しい悲鳴をあげていることでしょう。今回はキムタクとの久々の共演。しっかりと見届けたいと思います。

関連記事