BG 元総理の娘・鮫島喜和子役で6話に中村ゆりが出演!

キャスト

BG6話に女優中村ゆりさんがゲスト出演します。役柄は元内閣総理大臣鮫島匡一の娘役です。中村ゆりさんは、役によって、可愛かったり、美しかったり、名脇役として注目されています。

中村ゆりさんとは

中村ゆりさんプロフィール

名前:中村 ゆり

生年月日:1982年3月15日

出身:大阪府寝屋川市

血液型:AB型

身長:164cm

所属事務所:アルファエージェンシー

中村ゆりさんは、あの伝説のオーディション番組ASAYANで2人組ユニットYURIMARIとして、1998年にデビューしています。

サンプラザ中野さんとパッパラー吉田さんのプロデュースで、ドクタースランプアラレちゃんのオープニング曲「Hello,I love you.」などそこそこ注目されていましたが、6枚のシングルと1枚のアルバムを出して1年で解散しています。

2003年から、女優として活動を始めて、数々のドラマや映画に出演されています。代表作と言える主演のドラマはありませんが、ドラマに出演するたびあの脇役は誰なの?と常に話題になっている女優さんです。

2007年公開された「パッチギ!LOBE&PEACE」では、在日韓国人の主人公キョンジャ役を好演しました。

第3回おおさかシネマフェスティバル新人賞を受賞しました。

2007年「天国からのラブレター」は初主演でした。「はやぶさ 遥かなく帰還」「百年の時計」「そして父になる」「破門二人のヤクビョーガミ」など数多くの作品に出演されています。

中村ゆりさんは、BSプレミアムドラマの2018年1月7日(日)から放送されている平成細雪で、伊藤歩さん、中山美穂さん、高岡早紀さんとの豪華共演が話題でした。

四姉妹の末っ子で美しい着物姿を披露しています。華やかでせつない笑えるドラマと人気です。

また、2017年のNHK連続テレビ小説『わろてんか』に出演していますが、『おひさま』『梅ちゃん先生』『花子とアン』など、朝ドラに多数出演しています。

2016年のHOPE~期待ゼロの新入社員~に白石涼子役で連ドラにレギュラーしています。

今回の役どころは

BG6話 では、元内閣総理大臣鮫島匡一(橋爪功)の娘の鮫島喜和子役です。朝ドラでヒロイン杏さんの幼少期役を演じた芦田愛菜さんの妹と話題になった豊嶋花ちゃんの母親役です。

父親の鮫島が日ノ出警備保障に警護の依頼をします。総理経験者は警視庁のSPが普通付きますが、何らかの理由でSPの警護を国が終了します。無言電話が続くので民間に警護を依頼したと言います。

娘の彩矢ちゃんが1時間以上下校時刻を過ぎているのに、まだ帰宅していないと連絡が入ります。

もしかして、誘拐されたのではないかと捜索します。謎の男と一緒にいる彩矢を公園で発見しますが、謎の男には逃げられてしまいます。

BG6話でもとても素敵な母親を演じてくれる事でしょう。

こちらの記事も読まれています♪

関連記事