BG 6話あらすじ 島崎が元総理を護衛!無言電話の犯人は?

BG〜身辺警護人〜

BG 6話は元総理大臣の鮫島匡一(橋爪功さん)を、民間ボディーガードの島崎章(木村拓哉さん)たちが警護します。孫娘の鮫島彩矢(豊嶋花さん)には何か秘密がありそうです。

元総理大臣に無言電話

元内閣総理大臣の鮫島(橋爪功さん)の自宅に無言電話がかかってくるようになりましたが、警視庁のSPは警護の必要なしと判断されます。

鮫島はSPが警護してくれなくなったので、民間の警護をお願いしました。島崎(木村拓哉さん)と村田(上川隆也さん)が警護にあたります。

落合(江口洋介さん)は鮫島が日ノ出警備保障に警護を頼んだ事が面白くありません。

自宅前の植木に4つ石が並べられているのを見つけます。鮫島は在任中に恨みを持った者からの報復だと言います。

民事党幹事長の古稀を祝う会で、一人の男が襲撃してきます。鮫島は自分が襲われていると立原愛子(石田ゆり子さん)に言いますが、幹事長の元秘書の植野(萩原聖人さん)で、幹事長に対しての恨みでした。鮫島を狙った訳ではありません。

章は、植野を取り押さえた時の落合の対応にそこまでしなくともと疑問が湧いてきました。

村田の過去が明かされてました。拳銃を持っていない犯人に発泡したようですが、落合が「勝手にかばって警察を辞めた」と村田に言っていました。

一体、落合と村田の間に何があるのでしょうか。とても気になります。発砲したのは村田ではなく落合なのでしょうか。

総理の孫が怪しい

鮫島の孫の彩矢(豊嶋花さん)の帰りが遅い事を気にかけた菅沼まゆ(菜々緒さん)は、迎えに行こうとしますが、母親の喜和子(中村ゆりさん)に止められてしまいます。

誘拐された可能性もある為に章達は付近を探します。近くの公園にいる彩矢を見つけます。そこに、謎の男が彩矢に近づいて来ましたが、章と沢口(間宮祥太朗さん)に気がついて逃げました。

自宅に帰った彩矢は、公園で会った男のことは何も話しません。

翌日社会科見学がある彩矢を、章達が同行すると言いますが、鮫島は危険だから休ませると言います。しかし、どうしても行きたいと彩矢はいいます。鮫島達が社会科見学に同行します。

放送局を見学していた彩矢が時間を確認して走りだします。彩矢を章は追いかけて行きますが叫ばれてしまい警備員に取り押さえられてしまいます。

彩矢は女子トイレに逃げ込みます。厚生労働大臣の立原愛子が、トイレの中の彩矢を説得して章に引き渡します。彩矢と立原は昔会った事があったようです。

高梨は怪しい男を見つけて男を追いかけ取り押さえます。

無言電話の真実

怪しい男は彩矢の父親でした。事業に失敗し借金を抱えて、離婚を条件に鮫島が借金の肩代わりをし、彩矢と離れ離れに暮らしていましたがどうしても娘に誕生日プレゼントを渡したかったといいます。

鮫島は父親を認めてはいません。無言電話の犯人は父親からで、彩矢との連絡方法として電話を使っていました。家の前の小石は1個なら1時、4個なら4時と電話をする時間を示していたといいます。

会っていたのが父親だった事は想像がつきましたが、無言電話と石を約束のために利用していたというのは面白かったです。

警視庁のSPの落合がやって来て、20年前に総理時代の鮫島を襲った男は、もう10年前に亡くなっていて、他に鮫島を狙おうとしている者は誰一人いないと告げました。

章は石と鮫島が狙われている感じがしなかったのと彩矢が公園で会っていた不審者を怖がっていなかった事で父親なのではないかと感づいていたようです。

こうして無事に事件は解決して娘夫婦と固い握手をしてその様子を鮫島は優しく微笑みながら見ていました。自分が狙われていないことがわかって寂しさもあるようです。

最後のシーンで登場したのは元妻仁美(山口智子さん)でした。

来週はロンバケ以来の木村拓哉と山口智子の共演ということで注目を集めそうです。

関連記事