BG 5話あらすじ 島崎に6年前の因縁の相手から依頼が!

BG〜身辺警護人〜

民間ボディーガードとしてクライアントの安全を守る主人公たちの姿を描くドラマ「BG」。第5話が放送されました。

放送された第5話では第1話から匂わせていた島崎の過去が明かになりそうです。どのような内容だったのでしょうか?あらすじを紹介していきます。

新規依頼のクライアントは元サッカー選手

日ノ出警備保障に新規の依頼が舞い込みました。

これまで社長のつてで入ってきた依頼ばかりをこなしていた身辺警護科にとって、評判を受けて入ってきた依頼は初めてであり身辺警護科のメンバーは嬉しそうに依頼内容を聞きます。

今回の依頼のクライアントは元サッカー選手の河野純也ということを聞くと一同からは驚きの声が。しかし島崎だけは浮かない顔をしていました。

村田から今回のBGに指名された島崎ですが、沢口の方が適任ではないかと言い出し、結局気を良くした沢口にBGは交代することになりました。

純也の元へ依頼の詳細を聞くため沢口と高梨、村田の三人で向かいます。沢口は現役時代神と言われていた有名人を目の前に興奮気味。

純也は国外でチャリティーを行う為、世界中のサッカー選手から集めた貴重な品を運ばなければならないといい、それを確実に運ぶため今回ボディーガードを依頼したとのことでした。

純也のわがまま

依頼の詳細を話し終えた純也は一つわがままを言ってもいいかと言い出します。それは今回のBGを島崎にするということでした。純也から指名されたことを聞かされた島崎は困惑。

その様子をみた村田は強引に理由を聞くことをせず、事情があるなら純也からの依頼を断ろうと提案しますが、島崎は依頼を受けると言って自らの過去の話をはなし始めました。

自分は6年前純也のボディーガードだったと打ち明けた島崎に新人だと騙されていた他のメンバーは裏切られていたような感覚になり複雑な空気が流れます。この依頼が終わったときに詳細を話すという約束をし、島崎は純也のBGになりました。

豹変する純也がついていた嘘

依頼の日、純也から渡されたスーツケースを持って島崎と高梨は任務に就きます。その途中で偶然会った厚生労働大臣の立原は純也に話しかけますが純也はいち早くその場を後にしようとしました。

立原はSPの落合に純也は国外に逃亡するのではと話し、自分が知っている純也の悪事を話しました。

その頃情報収集をしていた沢口は純也が二日後に日本で行われるイベントに参加する予定があることを突き止め、島崎らに報告。

それを指摘された純也は豹変し、チャリティーのために集めた金を自分のバックは私的目的で利用しているため国外に逃げるつもりだと話しました。

島崎を指名したのは、自分に顔が上がらない島崎なら事実を知っても依頼を断れないだろうという計算のもとだったのです。

語られる事件の真相

事実を知りながら空港まで純也を連れてきた島崎ですが、純也をこのまま国外へ逃がしてしまえば逃亡を手伝った罪で身辺警護科は亡くなってしまうという危機に陥っていました。

立原からの情報を元に捜査が始められ、純也がいた事務所に捜査に入った警察は多くの証拠を押収したのです。

しかし純也は島崎らに、自分が持っているスーツケースに全ての悪事の証拠が入っていると話していました。警察の動きを聞いた島崎は違和感を覚えます。

そして島崎は6年前純也と自分に起きた事故について語り始めます。島崎がボディーガードを辞めていた理由は…?そして神と呼ばれた純也がサッカーを引退した原因は…?

 

BG第5話のあらすじを紹介しました。初回放送から気になっていた事故の真相は…?ドラマBGは毎週木曜よる9時から放送中です!

関連記事