BG 4話あらすじ 立原大臣から極秘依頼!SPを騙し到着のは?

BG〜身辺警護人〜

木村拓哉さん主演で毎回見事にクライアントを守るボディーガード達の姿を描き人気を呼んでいるドラマBGの第4話が放送されました。

どのような内容だったのでしょうか?あらすじを紹介していきます!

立原大臣からの極秘依頼

日ノ出警備保障の島崎と課長の村田はとある人気のない建物に呼び出されていました。そこには日ノ出警備保障社長の今関と厚生労働大臣の立原の姿が。

社長直々に立原の警護依頼を受けることになりました。

立原は密談を企てており、日ごろ自分の警護についているSPにはバレずにそれを行いたいとの主張。そのためSPの隙をついて立原を連れだし目的のホテルへと連れていく必要があります。

SP相手にそんなことが出来るのかと不審がる島崎らに今関は立原には人間ドックを受けるという日程があることを伝えます。

その病院の院長は今関と仲が良いため、人間ドックを受けているというていで連れ出せるというもの。

ホテルに向かい密談をして帰ってくるまでの3時間の警備を島崎らは受けることにします。

不審な点

SPを騙すことになる警護に高梨は大反対。立原の警護には島崎と沢口、そして村田が行くことになりました。

情報班として会社に残った菅原と高梨ですが、徹底して協力する気の無いように見えた高梨が不審な点を見つけたのです。

立原が密談をするであろう相手を政治界からピックアップしその行動を探ってみるも、全員にしっかりとした予定が入っておりとてもじゃないけれど密談なんてする時間がないということ。

そして立原が密談場所として指定しているホテルの内部は見晴らしがよく、人も多い。そんな場所で密談など出来るはずがないと気付いたのです。

それを聞いた島崎は立原に今回の警護の本当の理由は何なのかを聞きます。立原は堪忍したように不倫をしている相手と密会に行くという事情を話し始めました。

気付いたSPと立原の真実

立原は人間ドックの検査に入っていると思い込んでいるSPでしたがすぐに立原の逃亡に気が付きました。島崎らが向かっているホテルに繋がる道路で検問を始め、なんとしても立原を見つけ出そうとします。

検問をかいくぐるため島崎と立原はトンネルの地下路を抜け目的地を目指すことに。地下路で必死に自分を守る島崎の姿を見た立原は本当のことを話し始めたのです。

立原には大学時代、予期せぬ妊娠により出産した子供がいました。生後すぐに医者夫婦に養子に出した娘が結婚することになったという情報を聞き、一目でいいから見たいと思うようになったというのです。

そしてこの日は娘の結婚式でした。事情を聞いた島崎は結婚式に間に合うよう急ぎ足で立原をホテルへと誘導します。

結婚式場では…

目的のホテルについた島崎と立原は挙式が行われているであろう式場のドアを静かに開けました。しかしそこには花嫁の姿はおろか参列者も一人として見当たりません。代わりに現れたのはSPの落合だったのです…

 

BG第4話のあらすじを紹介しました。落合に気付かれ一足先に手を打たれてしまった島崎たちですが、ここから涙のラストに繋がっていきますよ!ドラマBGは毎週木曜21時から放送中です!

関連記事