BG 3話 狂言から本当の誘拐へ!?身代金1億円はどこに!

BG〜身辺警護人〜

民間ボディーガードの活躍を描き高視聴率をたたき出しているドラマ「BG」の第3話が放送されました。第3話には西村まさ彦さんや三吉彩花さんがゲスト出演しドラマを盛り上げました。

ではどのようなあらすじだったのでしょうか?ネタバレ注意!BG第3話のあらすじを紹介していきます。

一億円を運ぶためのボディーガード依頼

島崎(木村拓哉)ら身辺警護課に深夜に入ってきた緊急依頼は大人気タレントであるカノン(三吉彩花)の所属事務所社長からのものでした。

身辺警護課に戻ってきた高梨(斎藤工)と島崎でチームを組みクライアントに話を聞きに行くことに。

事務所では社長である坂東(西村まさ彦)は現金で1億円を用意していました。坂東いわく、事務所のトップタレントであるカノンは翌日に映画制作発表を控えていながら姿を消したのです。

制作発表に穴をあけられないと説得する坂東にカノンが要求したのは1億だったのです。カノンへ金を引き渡すためボディーガードを雇ったという経緯でした。

決まらない目的地

社長と1億をのせて島崎たちの車は走りますが、社長の様子がおかしいことに気付きます。カノンに渡すという目的があるのにもかかわらず、引き渡し場所が明確にならないのです。

社長は言葉を濁し、言っていることは二転三転。その様子をみた高梨(斎藤工)はこの依頼をおりた方がいいと打診。社長は明らかに何かを隠していました。

島崎と高梨が言い合いをしていると社長の携帯に連絡が入ります。明らかに動揺している社長の携帯に送られてきたのは捕らわれているカノンの写真でした。

カノンは昨日から何者かに誘拐されており、1億は身代金として要求されているものだったのです。

カノンが誘拐されているなら警察に通報した方が良いと高梨は説得しますが、社長はそれを拒否。指定されたショッピングモールへと向かいます。

本当に誘拐なのか?

身代金を渡すためにショッピングモールへとやってきた三人は犯人に警察ではと疑われるもマネージャーだと嘘をつき、社長と共に店内へ同行することに成功します。

しかし店内で再び疑われた島崎は警察ではないということを犯人の言う通りに行動することで証明することに成功。カノンの安全を確認させてほしいという島崎にこたえる形でカノンが電話に出ました。

その電話での話し方に違和感を感じた島崎。この誘拐は狂言誘拐なのではないかと言い出します。

カノンのSNSの裏アカウントを特定した沢口(間宮祥太郎)らの情報も併せて、カノンは以前交際していた男性と金目的で誘拐を仕立て上げたことがわかりました。

それを知った社長は金など渡すもんかとバッグの中身を入れ替えます。

嘘が本当に?

いよいよ身代金の引き渡しの時がやってきます。島崎が一人でバッグを持ち指定された橋の上へとやってきました。そこに現れたのはカノンの姿。

カノンは金を確認したら戻ると言いますが、島崎の持っているバッグの中身は社長が入れ替えた書類しか入っていません。島崎はカノンの様子がおかしいことに気付き、狂言から本当になったと察します。

その為わざと橋の下にバッグが落ちるよう細工をし、身をていしてバッグの中身を見せないことに成功。それに激昂した男らはカノンが裸で写っている写真をばらまくと脅迫してきました。

男に本気だったのはカノン一人で、男はカノンを金のためだけに利用していたのです。カノンから助けてと言われた島崎は男らから携帯を奪うことに成功します。

翌日テレビでは映画の制作発表をしているカノンの姿が映し出されていました。

 

いかがでしたでしょうか?第3話もなかなかのスリル感を感じられました。第4話も要チェックです!

関連記事