BG 2話 過去の判決が引き金に?警護対象は裁判官の妻

BG〜身辺警護人〜

木村拓哉さん主演で第1話では高視聴率をたたき出した話題のドラマ、BGの第2話が放送されました。第2話にはゲストとして田中哲司さんと大塚寧々さんが出演されました。

どのような内容だったのでしょうか?第2話の内容を完全ネタバレしていきます!

裁判官の自宅で起きた放火事件

身辺警護課に一件の依頼が入りました。そのクライアントは裁判官の行永辰夫(田中哲司)で、ボディーガードの対象は辰夫の妻の亜佐美(大塚寧々)でした。

ある朝自宅前に置いてあった亜佐美の自転車が放火されたのです。それを受けて辰夫には警視庁からSPがついたのですが妻の亜佐美にはつかないため、民間のボディーガードを依頼してきたというもの。

辰夫は一度死刑判決が下っている「老人ホーム殺人事件」の判決を控えていたのもあり、脅迫なのではないかと警察は警戒の目を強めます。

妻の怪しい行動

亜佐美の身辺警護についた島崎(木村拓哉)らに亜佐美はまるでハウスキーパーのような扱いをし、ショッピングや美容院などの仕様につき合わせる始末。

同じく警護をしていた菅原(菜々緒)も亜佐美の行動に難色を示しますが、島崎はどこか違和感を感じていました。

靴を買った店で常連のように扱われていた亜佐美が自宅のシューズクローゼットにしまっていたのは地味で使用感のあるものばかりだったからです。

島崎は亜佐美の一連の行動には理由があるのではないかと勘付きます。そしてその予想通り亜佐美は美容院から目を盗んで逃げだそうとしたのです。

妻の密会相手は不動産の男

逃走を阻止された亜佐美は仕方なく島崎らの視線の中で一人の男性と会うことになりました。その男は不動産の営業マンをしている三上(石黒英雄)という男でした。

菅原は亜佐美の不倫を勘繰っていましたが、別れ際の亜佐美の表情は明らかに曇っていました。何かトラブルではと島崎は亜佐美に訊ねると亜佐美は島崎にクビを宣告し島崎は警護から外されることとなります。

島崎が事の経緯をクライアントの辰夫に報告しに行っていた時、スーパーに立ち寄っていた亜佐美が逃げ出し行方が分からなくなったと連絡が入りました。

唯一の自分の空間

亜佐美はトランクルームに逃げ込んでいました。島崎が亜佐美を見つけ話を聞くと、裁判官の夫は仕事柄世間の目を異常なまでに気にしており、裁判官の妻である自分にもその自覚を持てと強要してきたと言います。

どんなに欲しい服を見つけ購入してもそれを着ることすら許されない家庭状況だったのです。トランクルームの中には亜佐美が自分の好みで購入した数々の品がありました。

そこは三上が働いている会社が経営するトランクルームであり、三上は自分の相談にのりトランクルームを紹介してくれたという経緯でした。

しかし三上は自分の悩みを聞いてくれるだけでなく、不審なほどに感情移入している節があり、亜佐美が買い物に使用している自転車こそが窮屈な生活の象徴だとよく言っていたそうです。

自転車が放火された時、亜佐美の脳裏に浮かんだ犯人は間違いなく三上でした。

三上の正体とは

亜佐美いわく三上には妻子がおり、決して特別な関係ではなかったというのですが、島崎は三上の正体を暴いていました。三上は1年前に辰夫が下したストーカー事件の被害者家族だったのです。

ストーカー相手に更生の猶予がある判決を出したことで、ストーカー被害に遭っていた三上の婚約者はストーカーがまた現れるのではという恐怖から抜け出せず、半年前に自ら死を選んでしまったのでした。

婚約者のお腹の中には会うことのできなかった新しい命がいたそうです。その復讐のために亜佐美に近づいたことは説明するまでもなく、三上は確実に亜佐美の命を狙っていました。

三上との決闘

トランクルームから逃げ出そうとするも、三上の手によって全てのドアに鍵がかけられ脱出することが出来ません。

飛び乗ったエレベーターも三上の操作により目的とは違う階へと向かってしまい、ドアが開いたその場所には凶器を持った三上の姿がありました。

島崎は亜佐美を守るため身一つで三上と闘います。無事警察に連行された三上、亜佐美を連れて帰った行永家では辰夫が心配したように待っていました。

普段動揺などを見せない辰夫は妻である亜佐美の無事を心から喜んでいました。

 

いかがでしたでしょうか?BG第2話の内容を紹介していきました。第2話の最後には島崎の前に立原(石田ゆり子)が現れました。続く3話にも注目です。

関連記事