anone チャットアプリの相手 カノン役は清水尋也

anone

坂元裕二さん脚本のドラマ「anone」がスタートしました!「Woman」「Mother」に続く話題作で主演は広瀬すずさんということもあり話題となっています!

第1話の放送で主人公ハズレこと辻沢ハリカ(広瀬すずさん)のチャットアプリの話し相手「カノン」が誰なのかと話題となっています。カノンの役柄と、カノン役の清水尋也さんについて解説します!

ドラマ「anone」カノンについて

ハリカとの関係

主人公ハリカは清掃のアルバイトをしながらインターネットカフェで暮らしています。

インターネットカフェにはハリカと同じように生活をする美空(北村優衣さん)と有紗(碓井玲奈さん)がおり、3人は仲良く暮らしていました。

ハリカはチャットアプリで知り合ったカノンと1日1回やり取りすることが楽しみです。カノンは病気で外に出ることができずハリカは毎日の様子をカノンに伝えていました。

ハリカは自分が幼少期おばあちゃんと「柘」という街の森で暮らしたことがあり、その時のまるでおとぎ話のような毎日をカノンに伝えていました。

カノンもハリカの話を聞くことを毎日楽しみにしていたようです。

本当の関係

ハリカの記憶は実は間違っていました。ハリカは自由な発想の持ち主でとても明るい女の子でした。しかし両親に理解されずついに両親に見離されて施設に入れられました。

ハリカがおばあちゃんだと思っていたのは施設の責任者でハリカを「お前はハズレだ」と言ったり、お仕置き部屋に閉じ込めたりします。

お仕置き部屋に共に閉じ込められた少年、「紙野彦星」こそがカノンだったのです。ハリカは忘れてしまっていましたが、ハリカと彦星は一緒に施設を飛び出したこともありました。

ハリカの弟が亡くなってしまい両親も後を追うようにして亡くなってしまったため、ハリカは施設から児童養護施設に行くこととなり2人は別れ別れになりました。

彦星がチャットアプリで「ハズレ」という名前を見た時にピンときたようです。やり取りをするうちに、ハズレが間違いなくハリカだということを確信したのでした。

今後の2人の関係は…?

ハリカは友人も家族もおらず、今の心の支えは彦星1人となってしまいました。ハリカは彦星に会いたいと言いますが、彦星はハリカに会えば生きたくなってしまうと言い拒みます。

彦星の病気は先進医療を受ければ治る可能性はありますが、大金が必要になってしまいます。彦星のためにハリカはお金を用意したいのですが…!

カノン(紙野彦星)役、清水尋也さんとは?

清水尋也さん経歴

清水尋也(しみずひろや)さんは1999年6月9日生まれの18歳です。身長186㎝と長身で目を引きます。

映画「渇き」では壮絶な虐めにあう役を、映画「ソロモンの偽証」では不良役を演じていますがどちらも抜群の存在感と演技力で記憶に残ります。

特徴のある中性的な顔立ちとスラッとしたスタイルで、これからの活躍が楽しみな俳優さんです!

 

カノンこと紙野彦星の詳細や、ハリカとの今後の関係が気になるドラマ「anone」は毎週水曜夜10時放送です!どうぞお見逃しなく!

関連記事