99.9 ドラマのあらすじ 最終話 深山の語りに涙…!

99.9 刑事専門弁護士

ついに最終話!検事正と深山が向き合う?

チームとして一体感が出てきたドラマ99.9。ついに最終回!最終回では深山の父親が捕まった事件に酷似した事件を担当することに。深山(松本潤さん)だけでなく、チームも事件解決のために奔走していきます。それではあらすじを見ていきましょう。

連続殺人犯として捕まった石川

検事の丸川(青木崇高さん)はある連続殺人事件を担当していました。石川(中丸雄一さん)は連続殺人事件を犯したとして捕まり、容疑を認めてしまいました。深山と立花(榮倉奈々さん)が接見に向かうと、石川は容疑を否認しました。

被害者は都知事に立候補していた高山(神保悟志さん)の元で選挙スタッフとして働いていた、中田、そしてフリーターの岡の二人でした。殺害方法が心臓を一突きだったことや、現場に石川の血痕や毛髪が残っていました。

事件の疑問点を洗いなおす!

石川は「正社員になる話が見送られて、むしゃくしゃして殺した」と調書には書かれていました。ですが勤め先の上司は「正社員になることを望んでいなかった」と言っていたそうです。

一方監視カメラの映像を見ていたチームは、2件目の殺人事件の際にショッピングモールにいたことがわかりました。アリバイを見つけることができた佐田たちは裁判前整理でその事実を伝えます。

深山は雑誌を読んでいて気付いた、ある事件のことを記者に聞きに行きます。静岡県浜松で起こった心臓を一突きにして女性が殺された事件です。

被害者は正面から刺されていました。犯人は知り合いであったことが考えられたのです。そして後から強盗を装った可能性がありました。深山はそのことを佐田に伝えますがその調査は無意味だと反論します。

ですが深山は「事実を捻じ曲げられるかもしれない」と言って3つの事件が同一犯であることを証明しようとします。同一犯であることがわかれば、石川の無実を証明できるのです。

検察の汚い手

深山が言った通り、2件目の事件の犯行時刻を22時から24時と広げられ、石川のアリバイが無効となってしまいました。斑目は事件の構図が深山の父親の事件と似ていると言いました。

佐田は訴因変更されたことを深山に伝え、真犯人を見つけるため深山の協力を求めました。

3つの事件の共通点を探す!

深山達は事件の洗い出しを始めていました。3人には何か共通点があるはずだとチームが動き出しました。

調べの結果3人の被害者は同じ時期に高山の経営する病院に入っていたことがわかりました。検察に資料提出を求めた立花ですが検討するとだけ言われてしまいます。立花は説得をし、入院者名簿を手に入れるのでした。

共通点を持った4人目を守れ!

当時同室だった3人以外にも一人だけ生存者がいました。生存者、加藤は海外赴任していたため助かったのです。

加藤は5年前、中田が回診中担当医から体を触られた事件のことを話します。中田は訴えると言いだし、証言のために同室3人の連絡先を交換したのです。

その後担当医が大事にしたくないと示談にしたのですが、その時の担当医が都知事の高山だったのです。

高山の自白を引き出そうとする深山

深山達は高山に会って話を聞き出します。最初の事件の中田には見覚えがあると言いましたが2番目、3番目の被害者には見覚えがないと言いました。同室がいたことや事件のことを、加藤を呼んで話しました。

佐田は中田に脅され、口封じのために他の証人も殺したのでないかと言いました。また石川は高山の病院で人間ドッグを受けており、血液の紛失事件が起きていたことを話します。

院長が盗んだことを目撃した看護師がいたことを伝えると、高山は崩れました。

斑目が語る理由

斑目は深山の父と知り合いでした。前回質問した、「どうして事務所に深山を置いた」理由の半分を答えました。斑目は深山の父親に何もすることができなかった。そのことから傍において見守ってやりたかったのでした。

結審の日、深山は語る

結審の日、真犯人が捕まったことで石川の無罪は確定しました。ですが深山は語ります。深山は「無罪が確定しても、平穏な日々が戻ってくるわけではない」と言います。誤った逮捕や起訴によって人生が狂ってしまうこと。

日本の刑事裁判における有罪率は99.9%。それは国家権力である検察が立件した事件は確実に有罪だと思っているから。深山は皆に訴えます。起こった事実はたった1つだと言うことを。

無罪判決が出たその後…

深山は検事正と直接対峙します。深山は検事正に有罪のバイアスをかけているのは検事だと言います。対して検事正は正義のために戦っていると言います。

「ですが深山は100人いれば100通りある正義なんてもの信じない、事実だけを信じてあなたの前に立ち続ける」と返したのでした。

検事正は今回の冤罪事件のせいで検事正は検事長になることができなかったのです。

続編が決定している99.9!

最終回では深山の気持ちがわかりましたね。ですが彼の父親の事件はすべて明らかになっていないのです。2018年には新作が放送されることが決まった99.9。次のシーズンもお楽しみに!

関連記事