99.9シーズン2 新ヒロイン・尾崎舞子役・木村文乃さんに期待!

キャスト

いよいよ日曜劇場で「99.9」の続編が始まりました。お馴染みのメンバーに加え、新参者とは思えない貫禄と包容力を持つパラリーガル・中塚に加え、新ヒロインで元裁判官の尾崎舞子も登場。

そこでこの新ヒロインを演じる木村文乃さんにスポットを当ててみたいと思います。

実は苦労人。一時は仕事がなく仕事を休止していた過去も。

木村文乃さんはデビューは2004年ですが、映画や大河ドラマ、朝ドラなどに出演するも、その後仕事に恵まれず、また持病のアトピーが悪化したこともあり、一時仕事から遠ざかっていた過去があるようです。

その休んでいた間に、さまざまなバイトを経験。そして23歳のとき、今の所属事務所にスカウトされ、再び仕事を再開したとのこと。バラエティ番組でも映画館でバイトリーダー並みのお客様さばきを披露。

木村さんに漂う上品さや凛とした美しさとともに、なんとなく親しみやすさみたいなものを感じるのも、こうした芸能界から離れた時期の経験があるからかもしれませんね。

ドラマ「サイレーン」で女性刑事役に

私が木村文乃さんが出演するドラマで印象的だったのは、松坂桃李さん主演の「サイレーン」。

当時は最悪・最強の悪女を演じた菜々緒さんに注目が集まり、ヒロインの木村さんには正直あまり目立ってはいませんでした。

しかし、この時の短い前髪や、醸し出す清潔感や正義感、猪突猛進で人を信じやすい刑事役という役柄はハマっていたように思います。

映画「伊藤くんAtoE」で崖っぷち毒女に

そして木村文乃さんが煙草をふかし、周囲に毒を吐き散らかす新境地を見せてくれているのがただいま上映中の映画「伊藤くんAtoE」。

まだ未見ですが、ここでの木村文乃さんは清楚なイメージから一変。腹黒で痛男・伊藤に振り回される女性たちをネタに脚本を書こうとする、したたかな女性を演じているようです。

原作は「ランチのアッコちゃん」の柚木麻子さん。話も面白そうですが、振り切った思い切りのいい演技をしている木村文乃さん演じる、崖っぷちの売れない脚本家の役にも非常に興味が湧きます。

ここでの演技経験が、「99.9」続編初回の、再現ビデオ撮影の際の“横柄な被害者役”で生きたのかもしれません。尾崎のキャラ崩壊したあのシーン、最高でしたね。

 

今まさに数多くの作品に出演し、最も勢いのある女優さんである木村文乃さん。

新ヒロインに対しての評価は、榮倉奈々さんの方が良かったという厳しい意見もあれば、木村文乃さんのツンツンした感じが良かったという意見もあり、いろいろな意見が飛び交っています。

個人的にはシリアスとコミカルの塩梅がちょうどよく、とても良いと思います。

出来上がっているチームの中に入っての演技はきっと別の苦労もあるとは思いますが、この話題作「99.9」の新ヒロインとして、新たなキャリアを積んで、今後も大いに活躍して欲しいものです。

関連記事