99.9 6話感想 舞子の弟が殺人?豪華ゲストが勢ぞろい!

感想

松本潤さん主演ドラマ「99.9-刑事専門弁護士Ⅱ-」ですが、第1作から大人気で今回第2作も高視聴率が続く大ヒットドラマです。今回第6話ではついに舞子(木村文乃さん)の過去が明らかになりました。

今回も小ネタ満載、笑いあり涙ありで印象深い回となりました!

99.9-刑事専門弁護士Ⅱ-第6話感想

ゲストが豪華すぎる!

今回のゲストはベテラン俳優の竜雷太さん、三又又三さん、ダンカンさん、IZAMさんら超豪華ゲスト達が登場しました。毎回ゲストの豪華さ話題となりますが、豪華ゲストがその役?となることも話題となります。

雷竜太さんは今回の事件のキーパーソンでしたが、見事に人間の二面性を見せ付けてくれました。優しい良い人と思わせておいて実は殺人犯という隠された狂気にゾクゾクさせられました!

三又又三さんは事件の被害者役で、お馴染みの金八先生のモノマネを披露し、死体役も見事に演じていました。

ダンカンさんはタバコ屋の店主で捜査に協力する目撃者の役でしたが本業を忘れてしまう演技力に驚かされました。

IZAMさんはパクチー弁当スミレの店主でお姉キャラという濃い役でしたが強烈なキャラクターをユーモアたっぷりに演じられていました!

姉弟の絆に感動!

一度はもう再構築できないと思われた舞子と雄太(佐藤勝利さん)の関係でしたが、舞子は必死に今回の事件と2年前の事件を調べ深山(松本潤さん)や佐田(香川照之さん)の協力で雄太の無実を証明することができ再び仲の良い姉弟に戻ることができました!

舞子は裁判官の頃、調書に書いてあることが真実だと信じていたので雄太の無実を信じることが出来ませんでした。

雄太は必ず舞子が自分の無実を証明してくると信じていたのに裏切られてしまいそこから二人は会うことはありませんでした。

しかし今回また雄太が事件の容疑者になってしまい今度は弁護士という立場で、今度こそ舞子は雄太を信じ守ると決めました。

斑目法律事務所に入り深山と関わらなかったら舞子は一生変われなかったのかもしれないと思う深山の影響力は本当にすごいです。

姉弟で食べたお寿司が美味しくて、それがきっかけで寿司職人を目指すことにした雄太ですが、今度は日本一美味しいお寿司を舞子に食べさせると意気込んでいて本当に姉のことが大好きだったことがよく分かり感動しました!

深山のウザキャラがパワーアップ!

深山のウザさが段々パワーアップしています!

明石(片桐仁さん)が佐田の置物を割った時もそれに気付いてニヤニヤしたり、舞子が落ち込んでいても平気で酷いことを言ったり、佐田から深山に電話があると画面には「DASA」た表示されていたりと深山だから許されますが実際にこんな人がいたら関わりたくないです!

弁護士として有能だから良いものの、もしこれで仕事が出来なかったら最低な人だなと思います!

 

次回のゲストも気になるドラマ「99.9-刑事専門弁護士Ⅱ-」は毎週日曜夜9時放送です!次回は川上(笑福亭鶴瓶さん)も再び現れます!第7話もどうぞお見逃しなく! (引用:https://www.tbs.co.jp)

関連記事