99.9Season2 5話あらすじ 深山は冤罪を晴らせるか!少年犯罪の罠

99.9 刑事専門弁護士 season2

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡの5話のあらすじをお伝えしていきます。5話は裏で暗躍する川上や事務総局まで出てきて裁判官・検察官・弁護人のバランスが崩れてしまう回です。

少年犯罪を厳罰化への動き

裁判官が集まる全国裁判官会議の中で、少年犯罪を厳罰化する意向が示されます。事務総局長の岡田孝範(榎木孝明さん)は「官邸は少年法の改正を次の目玉政策にしようとしている」と川上に話します。

少年が加害者の事件を取り扱うことになった遠藤(甲本雅裕さん)に川上(笑福亭鶴瓶さん)は「ええ判決せぇよ」と言います。

元仲間から相談

志賀(藤本隆宏さん)と奈津子(渡辺真起子さん)が斑目法律事務所の刑事専門ルームにやってきます。志賀のその姿は痛々しいものでした。頭に包帯を巻き、腕と足を骨折したようでした。

依頼者の証言を元に、深山(松本潤さん)のように検証を行っていたときに階段から足を滑らせたというのです。

早速依頼の内容を聞く深山と舞子(木村文乃さん)。それを怪訝そうな顔をして話を聞く佐田(香川照之さん)でした。

斑目所長(岸部一徳さん)は昔のよしみで協力しようと申し出ましたが、佐田は協力しないと頑なな態度をとっていました。

依頼の内容

依頼者は被告人の母からでした。被告人の山崎大輝(市川理矩さん)は17歳。担当の裁判官は遠藤です。

事件の内容は、女子高生の工藤久美子(清原果耶さん)に対する強制わいせつの罪でした。久美子の証言で山崎と大江徳弘(福山翔大さん)が犯人とされました。調書を読むと、山崎は自白してしまっていました。

山崎の元へ接見に

接見に行った深山と舞子に山崎は何もやっていないと訴えます。どうして自白してしまったのか聞くと、警察で逮捕前に長引くとお金がかかると脅されて自白したと話しました。

山崎は13歳の時に父が亡くなり、母子家庭で暮らしていたこともあり迷惑をかけると思い自白したのです。事件当日は何をしていたか詳しく話してもらうと、人気の焼き肉屋【焼き肉100%】にいたと証言します。

しかし、焼き肉100%の店員(アキラ100%さん)は一人一人覚えていないと証言をとることができませんでした。

事件は2ヶ月前に起きていたので、時間が経っていることでアリバイを成立させるのが難しかったのです。

暗礁に乗り上げたかと思いきや、深山は山崎から聞き出していた情報を元に刑事専門ルームのメンバーと焼き肉100%へ向かいます。

公判当日

裁判官の遠藤は弁護側の主張を採用しようとしませんでした。むしろ弁護側の邪魔をしているようにも見えます。この公判は裁判官と検察が結託しているようでした。

さらに遠藤の思いもよらぬ行動で、深山たちが探してきたアリバイもはねのけられてしまいます。果たして深山たちは山崎のえん罪を晴らすことができるのか?!

関連記事