99.9Season2 4話ネタバレ 深山が民事法廷で無実を証明

99.9 刑事専門弁護士 season2

日曜劇場99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡの4話のネタバレを書いていきます!

今回の依頼は刑事事件…?民事事件…?

岩村梢(有森也実さん)が班目法律事務所の刑事専門ルームにやってきました。

夫で工場の社長である岩村直樹が取引先のタナハシ機械製作所の専務・棚橋幸次郎を殺害した後、自殺したとされた事件がありました。その事件では被疑者死亡で書類送検、不起訴処分とされ終わった事件となっていました。

しかし、殺された幸次郎の兄で社長の政一郎(迫田孝也さん)から3億円の損害賠償請求をされて梢は困っていました。

民事のスペシャリストである佐田先生(香川照之さん)は財産放棄をすることで、損害賠償を払う必要はなくなると話をしますが、梢は夫のえん罪を晴らしてほしいと相談に来たのでした。

夫は絶対にやっていない!

梢は事件当日に直樹から送られてきたメールを見て殺人なんてしていないと確信していました。

いつもは文字変換をするのも面倒がってひらがなばかりのメールをしてきていたのに、遺書のような内容のメールはちゃんと変換されており普段と違うと感じていたのです。

『きょうはいしゃにいってくる』など、確かにわかりにくいものばかりでした。

主張は聞いたものの、被疑者死亡として処理された場合、裁判を開くこともないのでこれ以上の弁護はできないと依頼を断りました。

しかし、梢の話を聞いていた深山(松本潤さん)はちゃっかり現場に向かっていました。深山を連れ戻してくるように佐田先生に指示された舞子(木村文乃さん)は深山の元へ行きます。

すっかり深山のペースに巻き込まれる舞子。調べていくと警察と検察の刑事記録に矛盾があることがわかりました。

佐田先生の身の振り方がすごい

佐田先生は、3億もの損害賠償を請求されたことを不思議に思い調べてみると直樹はエンジンに関する特許を持っていることが判明し、その特許には莫大な価値があったのです。

遺産放棄をさせようとしていることに気づき、梢を班目法律事務所の刑事専門ルームに再び来てもらうことにします。

梢が最初に依頼に来た時とは全く別の最高級のおもてなしをしたのでした。そして正式に依頼を受けることになります。

訴訟してきた政一郎についているのは民事でやり手の弁護士の森本(近藤芳正さん)でした。正式に梢の依頼を受ける前に、深山は民間の業者に鑑定の依頼をしていました。

幸次郎殺害に使われた凶器には直樹が自殺したとされる現場でしか採取されない特殊な物質が付着していたのです。

鑑定料は50万と高額で普段ならめちゃくちゃ怒る佐田先生でしたが、鑑定結果を見た佐田先生は今回ばかりは感心していました。現場の近くで目撃者を探す刑事専門ルームの面々でしたが、なかなか見つかりません。

事件の真相は…

1回目の裁判で政一郎に頭が上がらない足立社長(塚地武雅さん)は、深山に話した内容とは違う政一郎に有利な証言をしました。

2回目の裁判では、自殺したビルに向かう直樹を目撃したと足立社長が政一郎側の証人になっていました。直樹の服装を聞かれた足立社長はセーターを着ていたと証言します。

しかし、深山たちが入手した防犯カメラの映像ではコートを羽織っていました。セーター姿を見たのは死んだあとの姿を知っている人物、つまり直樹を殺した犯人だけだと深山は畳みかけます。

足立社長は犯人にされてしまいそうになったので、政一郎に頼まれて嘘の証言をしたと観念して告白しました。真犯人は政一郎でした。

梢は夫のえん罪が晴れ喜びます。そして、佐田先生は梢が経営する工場の専任弁護士になりました。

関連記事