99.9Season2 4話 佐田が法廷でライバルと対決!

99.9 刑事専門弁護士 season2

松本潤さん主演のドラマ「99.9-刑事専門弁護士Ⅱ-」ですが第1作に続き今作も高視聴率が続く大人気ドラマです!今回第4話では深山(松本潤さん)と佐田(香川照之さん)が悪徳弁護士と争います!

99.9-刑事専門弁護士Ⅱ-4話あらすじ

冒頭

パラリーガルである明石(片桐仁さん)が弁護士となり、深山、佐田、尾崎(木村文乃さん)らと争い、死刑に処されるという夢を見ていました。

司法試験の勉強で睡眠不足の明石はいつもながら小料理屋いとこんちで深山の料理を食べようとしていましたが、料理を目の前にして眠ってしまっていました。

起きると加奈子(岸井ゆきのさん)がら料理番組を見ていたため、うるさい!と怒られてしまいます。

事件

深山らが働く斑目法律事務所に岩村梢(有森也美さん)が相談にやってきました。

梢のご主人である岩村直樹(ユリオカ超特Qさん)が取引先のタナハシ機械製作所の棚橋耕次郎を殺害したあと自殺したとして、被疑者死亡のまま書類送検され不起訴処分となっていて、

さらに梢は耕次郎の兄である政一郎(迫田孝也さん)から3億円の損害賠償請求をされていました。

梢は直樹は絶対に耕次郎を殺していないと信じていてなんとかしてほしいと斑目法律事務所を頼ってきたのでした。

佐田はこれ以上できることはないとして諦めるように梢を説得しますが、深山は明石を連れて検証に向かいました。

佐田に深山を連れ戻すように言われ尾崎も現場に向かうと結局尾崎は深山のペースに巻き込まれて共に検証にすることになるのですが、そこで刑事記録に矛盾があることが判明します。

実は直樹はエンジンに関する特許を持っていて、梢に相続を放棄させ特許を手に入れようと政一郎が弁護士の森本(近藤芳正さん)から入れ知恵されたのでした。佐田と森本はお互いをライバル視しており、波乱の予感です!

裏切り

佐田はなんとか森本をギャフンと言わせようと奮闘します!アダチ工業の足立(塚地武雅さん)の元を訪れると、 佐田は足立の会社のことを事前に調べていてそれをネタに足立から証言を得ます。

当初は直樹はタナハシ機械製作所から契約を切られると困っていたと証言していたのですが、実は直樹と耕次郎は二人で新しい会社を設立すると話していたのです!

佐田は刑事事件としてではなく、民事で裁判を起こし足立を法廷に証人として呼びます。足立の証言により一気に形勢逆転!と思ったら足立は事前に森本から手回しされていて法廷で佐田を裏切りました。

森本にやられた佐田は悔しくてなりません。一方の深山は相変わらずマイペースで梢の元行ったりと独自の検証を続けていました。

逆転

直樹の無実を晴らすには、直樹の目撃証言がどうしても必要になりました。深山達は総出で目撃者を探しますが見付かりません…。

そこへ森本がやってきて佐田は目撃者がいたと嘘をつくと、森本は政一郎にこちらも目撃者を用意しろと言い、政一郎は足立に直樹を目撃したと嘘の証言をさせることにしました。

深山達はやはり目撃者を見付けることができないまま、いよいよ公判が始まりました。足立は政一郎に言われた通りに発言し、深山は証人質問を始めます。

深山は足立が見掛けた時の直樹の服装を尋ねるとアイボリーのセーターだったと答えます。

そして深山が防犯カメラの映像を見せるとそこにはアイボリーのセーターではなく、コートを着ていた直樹の姿が写し出されました!

真相は、政一郎が二人が起業することを聞き経営状態が悪かった政一郎は二人を逆恨みし殺してしまいました。コートに政一郎の血が付着してしまい、政一郎は直樹を殺害した後コートを脱がし隠したのでした。

深山は政一郎に犯人はあなただ!と言い放つと政一郎はその場から逃げ出し、待ち構えていた明石や警察に取り押さえられました。佐田は森本にD級弁護士と言い、気持ち良さそうにその場を後にしました。

 

今回も小ネタ満載で笑わせてくれたドラマ「99.9-刑事専門弁護士Ⅱ-」ですが、次回はまたしても川上(笑福亭鶴瓶さん)との接触がありそうです!第5話もお見逃しなく!(引用:https://www.tbs.co.jp)

関連記事