99.9Season2 3話 冤罪事件発生!深山が無実の立証!

99.9 刑事専門弁護士 season2

絶大な人気でシリーズ2が放送されている99.9の第3話が放送されました。第3話に出演したゲスト俳優は宇崎竜童さんや安達祐実さんといったベテラン勢が名を連ねました。

どのような内容だったのでしょうか?99.9第3話の内容を完全ネタバレしていきます!

人気ロック歌手が冤罪で逮捕

人気ロック歌手のジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)は自身を脅迫していたジャーナリストの安田が殺害された事件の犯人ではないかという疑いを向けられていました。

日本中が注目するその事件でジョーカー茅ヶ崎の弁護を担当していたのは佐田(香川照之)でしたが、事態が収束したと思った矢先に茅ヶ崎は逮捕されてしまいます。

逮捕理由は安田の自宅から出てくる茅ヶ崎を見たという目撃証言をしていた女性、石川(安達祐実)への殺人未遂容疑でした。

石川が就寝中に部屋にあった写真立てで石川の頭を殴打した容疑です。凶器の写真立てからは茅ヶ崎の指紋も検出されていました。

茅ヶ崎は安田に法外な賭博をしていた過去のことでゆすられており、どうせばれるならと法外賭博の過去を公に発表しようとしていた時に安田は死亡。

担当弁護士であった佐田は、脅迫してきた張本人が死んだのだから賭博の件はもう外には漏れないとして発表を阻止していました。

佐田のアドバイス通りに動いていた茅ヶ崎は結局一件の殺人と殺人未遂容疑で逮捕されることになってしまったのです。失態を犯した佐田は尾崎(木村文乃)と深山(松本潤)に真相を暴いて欲しいと頼みます。

あいまいな目撃証言

深山と尾崎は茅ヶ崎の無実を立証しようと捜査を始めました。一番重要視されている目撃証言が崩れれば茅ヶ崎の無実が近づくとして、病院に入院中の石川が意識を取り戻したタイミングで証人喚問を行うことにします。

石川が茅ヶ崎を目撃した日には大雨が降っており、石川が座っていたとされるカフェの一角からはなかなかマンションの出入り口までの視界が確保できません。

しかし石川は目撃したの一点張り。深山があいまいな返事に突っ込んでいくと体調が悪いと言い出し証人喚問は中断せざるを得ない状況になりました。

深山は目撃当初と同じ天気の中で検証する必要があると裁判官に打診し、裁判は天気待ちという形で異例の延期となりました。

石川の目の状況と凶器の写真立て

目撃状況と似た天候の日、石川にも目撃したというカフェに出向いてもらい検証が行われました。結果、当時よりも雨が強く良く見えないという石川の言葉を受けて検証は終了。

しかし深山はその後もカメラを回し続け、窓から見える幼稚園の看板に書いてある幼稚園名を訪ねます。石川は看板を確認し深山に幼稚園名を教えました。

その後石川の婚約者の自宅を訪れた深山と尾崎は石川が殴られた凶器と同じ写真立てを見つけある重大なことに気付きます。写真立ては石山と婚約者でおそろいで購入したものでした。

事件の真相!キーポイントは写真立ての落書き

石川が出廷した裁判。検証時に石川が深山に幼稚園名を答えたシーンの映像が流れました。石川が自信満々に答える幼稚園名と看板の文字は全く違っていたのです。

それは石川の目に異変があるのではと気付いた尾崎らが事前に看板を差し替えていたのですが、石川は目が良く見えないために気付けなかったのでした。

それから尾崎が石川に見せた写真立て。それは石川にとっては自分を死の淵に追いやった凶器そのものでした。

写真立ての裏を見せた尾崎。それまで気丈に答えていた石川は写真立ての裏を見た瞬間に激しく動揺し、裁判官に自分が嘘をついていたと発言します。

尾崎が持っていた写真立ての裏には石川によって書かれた落書きがありました。それは写真立てをおそろいで買った際に、石川が婚約者の写真立てにこっそり書いたものでした。

これを見た石川は自分を襲った犯人が婚約者だったと気付いたのです。石川の婚約者は以前から安田に脅されて殺意を抱いていました。

茅ヶ崎もまた安田に脅されていたと知り、茅ヶ崎を犯人に仕立て上げようとしたのです。

しかし証人に立ってもらわなければならない石川は視力が低下し次第に弱気に。それならば殺してしまおうという身勝手な犯行でした。

サインをもらうふりをして茅ヶ崎に指紋をつけさせるという用意までしていました。無事に事件解決にいたった尾崎達でしたが、裁判官を今回裁判官を務めた山内(松尾諭)が北海道に飛ばされることに。

それを決めたのは川上(笑福亭鶴瓶)でした。

 

以上が99.9第3話の内容でした。茅ヶ崎は無事に無罪になりましたが、裁判官の闇を感じる最後に次回からの展開が気になりますね!

関連記事